スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

『君をのせて』

Image0121_20080813113641.jpg




地球はまわる
君をのせて
いつかきっと出逢う
ぼくらをのせて





作詞:宮崎駿、作曲:久石譲




君をのせて君をのせて
(2004/10/27)
井上あずみ杉並児童合唱団

商品詳細を見る







夕暮れの公園。
どこからか素敵な歌が聴こえてきた。
声の方向を見上げると、遊具の天辺で、中学生くらいの女の子が「君をのせて」を歌っていた。

素敵な光景だった。


それ以来、チカはここへきて、同じように歌を歌う。


高いところは気持ちいい。
好きな歌があればもっといい。



...more
スポンサーサイト
スポンサーサイト
2008/08/13 12:19 | 今日のBGM♪
comment(0)trackback(0)

「受け入れて」/一青窈

「受け入れて」一青窈(2008年1月)





僕は嘘 聴きすぎて 
眩暈を被る太陽みたい
待てど冬
ずいぶんと盲目にも慣れた
それでも明日まだ会えないの

変わりゆく僕を 
変わらない君が支えているから
どうか泣かずにいられるのならば
愛すべき人たち お願い強くなりたくて 

even if the world ain't ready for you
まだまだ足りない僕だけど
受け入れて







「受け入れて」PV「YouTube」(←Clik!)




↑コレ。



先日、コレを観て泣きました。
(花粉症で普通に目が腫れているというのに、また目が膨れてしまったわ。)



小さい頃から、人とは少し風貌の違う「クマ子ちゃん」。
どうしたらいいのか、悩みながら、自分探しをしています。





ただ7分以上もある大作なので、お時間があるときにどうぞ。






世の中にはいろんな考え方があって、
それが正しいとか、間違ってるとか、そういう判別ができないことも沢山あって、



「別にいいもん。自分らしくあれば、誰にもわかってもらえなくたっていいもん。」



なんて横を向いても、
それでも、気持ちのどこかでは、自分という人間を「受け入れて」もらえたら、きっと嬉しいのだ、と思う。





でも、私はこのことに少し思い違いをしていたかもしれません。



私は少し前まで、「いろんな人に受け入れられたい」という意味にとっていました。



が、ある人に言われました。
「自分らしくあれば、わかってくれる人は必ずいる」




ああ。そうか。




万人に「受け入れられよう」なんて思う必要はないのだな、と。




その人はその人でしかなく、
誰もその人の代わりなどなれないのだ。




だから「誰かのために」変わる必要などないのだ、と。
それでも「変わりゆく僕」を受け入れてほしい。

2008/03/28 12:21 | 今日のBGM♪
comment(0)trackback(0)

PIECE OF MY WISH

haya



朝がくるまで 泣き続けた夜も

歩き出せる力に きっと出来る

太陽は昇り 心を包むでしょう

やがて闇は必ず明けてゆくから






「PIECE OF MY WISH」今井美樹(1991年11月)

作詞:岩里祐穂、作曲:上田知華






「You Tube」動画どうぞ。

2008/02/29 16:53 | 今日のBGM♪
comment(2)trackback(0)

恋するカレン

A LONG VACATION A LONG VACATION
大滝詠一 (1991/03/21)
ソニーミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る



最近「TOYOTAアリオン」という車のCMで流れていて、よく耳にする曲「恋するカレン」。
なぜ今、この曲なんだろうな?
そういえばトヨタには昔「カレン」っていう車もあったなぁ、
などと思いつつ、大滝詠一さんの声はいつ聞いても居心地がよい♪

その昔、この曲を作詞した松本隆さんがメガホンを取った映画「微熱少年」では、この曲の中のフレーズと同じシチュエイションで、
「憧れの彼女が恋敵とチークダンスを踊りながら彼の肩の上に頬を乗せているのを、主人公の少年がぼんやりと見つめている」
というシーンがとっても印象的でした。

本当は娘の名前も「カレン」にしたいと思っていましたが、
字画やら、苗字とのバランスやら、いろんな理由で断念。残念。

いろいろな雑念で気持ちがささくれ立っていたりしますが、
今日は久しぶりに大滝さんのアルバムでも聞いて癒されてみようかな、
と思っていたりします。

2007/06/18 15:00 | 今日のBGM♪
comment(2)trackback(0)

強く儚い者たち

DVC00075.jpg



人間は強くて、でも儚いのかな。


記事のタイトルを好きな歌にし始めてずいぶん経ちました。
「最近の記事」という欄に好きな歌のタイトルが並ぶのは
とても気持ちがよく、自己満足ですが、幸せでした。


思えば、私は物心ついた頃から「歌うこと」が大好きな子供で、
楽しいときも、悲しいときも、何かの歌を歌っていました。
そして、いろんな歌に助けられました。


そんな私の子供たち、チカもハヤトも歌が大好きです。
彼女たちがこれからどんな歌に巡り合っていくのか、
それもまた楽しみでもあります。


今日で「タイトルシリーズ」は最終回です。
次回からは通常バージョンに戻したいと思います。


また歌を書きたくなったら、「今日のBGM」で書きたいと思います。


よろしくお願いします。



「強く儚い者たち」Cocco(1997年11月)

2007/06/02 18:19 | 今日のBGM♪
comment(2)trackback(0)

top  prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。