スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

アレっ子の宿命

アレっ子、ハヤト。
落ち着きがない。
なぜなら、いつも、どこかをポリポリ掻いているから。

指はもうずっとボロボロで。
どこかの指にはいつも絆創膏をしている。

そんな姿はただ、辛い。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

「食アレ」に否定的な傾向はどう思う?という話。


先週、会社の行事で、微生物研究所の方による「新型インフルエンザ」の講話を拝聴することができました。
とはいっても、特別、何か収穫があったわけではなし。
話をされてる講師の方も、
「実は、どうしてもと頼まれて、断りきれずに来てしまいました。。。」
と、やたら後ろ向きな感じで苦笑い。



それでも、「わかってる方」の話は、実にシンプルでわかりやすい。
要は、「マスコミは騒ぎすぎ」ってことで。
数多のウィルスといつも接していらっしゃる方からすれば、
とっても平凡で、ありきたりなヤツなんだ、と。



しかし、ウィルスというのは必ず起源があって、もともとは同じものが変化して別れてゆく、
背番号のようなものがつけられ、その図式はなんとも面白い。
今回の新型は免疫を持っている人間が少ないので感染力が強いけれど、
そう驚くほどの強毒性はないであろう、と。
ただ、従来の季節性インフルエンザに比べて、少し肺炎にかかりやすいかもしれない、とのことであります。
こんな感じでこの先、まだまだいろんなウィルスが発生するであろうけれど、
それは自然の摂理なので仕方ない、ということで。





さて、9月5日放送の「すくすく子育て」(NHK)。

「どうつきあう?アトピー」

最近、この番組も観なくなったなぁ、と思いつつ、こんなことが書いてあります。

「アトピーというとまず食物アレルギー!と考える必要はありません。原因のひとつに過ぎません。我流で食物を制限するのは、赤ちゃんの成長を妨げるので、きちんと食べることが大事です。」



そう。昔からこの番組は「食アレ」について否定的なスタンスでした。
それはそれでいいと思います。
毎年、言ってることがコロコロ変わられたら、それはそれで、なんだか不安な気がしますもの。




始めは「乳児湿疹」と言われていた湿疹が日に日に酷くなってゆく。
バリバリとかきむしり、あちこちから血が滲み、昼夜問わず寝てくれない。
「もしかして、これってアトピー?」
と、病院の門を叩く。

「じゃあ、お薬だしますね~」
と、ステロイドの軟膏を渡される。
え?ステロイド?これ、って怖い薬じゃないの?赤ちゃんに塗っても平気なの?

お母さん、日々、悶々と考えます。
どうしよう。本当に大丈夫かしら。このまま、薬が手放せなくなったらどうしよう。。。

お母さんは思います。
「そうよ、食べ物が悪いのよ。この子、食物アレルギーなのよ!」




もちろん、医師の診断や、血液検査での結果も、食物アレルギーの指針ですが、
痒い、痒い、と泣き叫ぶ我が子を見て、自然と食物を見直す行為は、私は自然なことだと思うし、ある意味、仕方ないこと、通るべくして通った道のような気がします。


私は、よほど偏った除去食を行わない限り、1歳、2歳の赤ん坊が、ある特定の食べ物(それも大体は、卵、乳、小麦、と言った、非常に胃腸に負担がかかると言われている食べ物)を食べなかったからといって、成長に大きな支障がでるなんて考えにくい、と思うのですが。


恐らく、食べ物を除去することで、一番支障をきたすのは、母親なんじゃないかと思うのです。
授乳中に食べられないこと、お友達と同じものが食べられないこと、様々な工夫や努力が必要なこと、そういったことがストレスになり、重くのしかかったくることが、問題なのではないか、と。



子供は、ベタベタの油に、甘い白砂糖が、どれだけ美味しいかなんて知らないのですから、
ママが優しい顔をして食べさせてくれるものであれば、どんなものでも「美味しいもの」なのですから。



「食アレ」に否定的な傾向は、全く構いませんが。。。



「食アレ」は、藁にもすがる思いでたどり着くこともある、ということを、ちょっとわかってほしい。




食物アレルギーも、
化学物質過敏症も、
うつ病も、



みんな、
「思い過ごし」
なら、こんなにいいことはない。
ですよね。



少しずつ世の中から「わかりにくい病気」が無くなっていくことを祈ります。




ご無沙汰しております。すみません。。。





ちらっ。。。






すっかり、ご無沙汰しているこのブログ。。。






え?まだ続いてたの?と思ってた方も。
そういえば、こんなブログもあったっけ?と思い出してしまった(?)方も。






こんにちは。
ちかはやです。







最近の近況を書いておきます。











8月11日の日に、3歳9ヶ月の血液検査をして参りました。



結果は、「ヤケヒョウダニ」「ネコ」が100を振り切り、測定不能に。
これはもう予測されていたことなので、そこまできたね、という感じです。



食物は、というと。



半年前に行った結果とほぼ変わらないのですが、
ほとんどの食べ物で、微妙に数字が小さくなりました。



今現在、すでに、食べ物は一応何でも食べられてしまっていて、
取り立てて、何かに強い反応を示すこともなかったので、
このまま、解除してOKという「承諾」をいただきました。





ただひとつのものを除いては。。。




そう。
このブログでも一度書かせていただいた「ピーナッツ」です。
IgEが31で、クラス4です。
小麦粉が13ですので、倍以上の数値です。
「やっぱりね」という思いもありましたが、これほど高いとは、という感じでした。



「ピーナッツは食べられないね。これは一生ものになるかもしれない」








たかがピーナッツ。
ピーナッツが食べられなくても、そうそう生活に支障はないとは思うのですが、
こんな風に言われてしまうと、ちょっとショック。


アメリカに行ったら、「ピーナッツバターサンド」は定番だろうになぁ。。。


スヌーピーもちょっと見たくなくなってきた。。。









現在、2ヶ月に1回の割合で小児科(アレルギー外来)に通院しているわけなのですが、
ついに先生から、こんな言葉がでました。




「11月にもう一度来てもらって、それまでに何もなければ、一応終りにしようか。」





・・・・・・・。






そうか。
終り、っていうことがあるんだ。。。






思えば、
ここの小児科には一度不信感をもち、勝手に通院をやめ、
ドクターショッピングなんかもして、
でも田舎なので結局何処に行ってもここに引き戻され、
再び通院が始まり、なんていうこともあったりして。。。




でも。
ついに。
終り。

だそうです。




全ての食品が解除になっても、どうしても卵料理を作れず、乳製品を避け、小麦食が続くと怖くなり、しかも根が「貧乏性」なので、ついつい出来合いの惣菜が買えなかったり。




アレルギーがなかったら、私はもっと怠惰な母親であっただろう、と思うときもあり。







新型インフルエンザが流行しているようです。
体質も病気のなりやすさも人それぞれ。
ワクチンの問題や、タミフルの問題や、様々なことが論議されている中、
個人的には、体力と免疫力をつけて、なるべく薬の頼らないように心がけたいと思います。


日本が経済力に物を言わせ、世界中のワクチンを買い占めようとしている現状がとても気になります。
人の命はどんな場所に生まれようとも平等のはず。
貧しい国の人々は、指をくわえてみているしかないのか、と思うと、
少し胸が痛みます。
薬屋さんは、上得意の日本という国のためにせっせと製品を造り、売りさばく。
それで世界の経済はまわり、成り立っている。
今、日本は景気が徐々に景気が悪化してきていて、いろんな意味で閉塞感から抜け出せない。
生活を豊かにするために、経済をまわすことも必要で、でも、果たして、このまま私たちばかりが「使い放題」の世の中ってどうなのだろう、なんて疑問もあり。

何が生きている意味なのか。
何が幸せの尺度なのか。
一体どうしたらみんなが幸せになれるのかわからない。









また、何かありましたら、ブログを更新する、かもしれません。
それまでは、また、しばしお別れです。




非常に偏った、しかも長い文章を読んでくださってありがとうございました。

キット、サクラ、サクヨ♪


ゴーオンジャーの記事を挙げたいと思い、週の頭から構想中でしたが、
アレルギー検査の結果がでましたので、先にコチラのご報告など。




3歳3ヶ月【結果】



総IgE・・・1062UE/mL





・・・・・。





脅威の1000越えっ!!!



母と先生、苦笑、でございまいました。



ちなみに前回は236UE/mLね。
一番最初に生後4ヶ月で測定したときは13.1UE/mLでしたから、
着々と、着々と、アレっ子街道を歩んでおります。




内訳はね、あまり変わってないですけどね、
基本的に総IgEが上がってるんで、下がるわけがないということらしいので。



ハウスダストは100越え。
振り切りました。
ここはもうしょうがない。


食物は、

小麦・・・15.9(クラス3)
卵白・・・9.78(クラス3)
卵黄・・・1.28(クラス2)
牛乳・・・1.28(クラス2)

イクラ、ゴマもクラス2。



そんな中で、一番驚いたのが
ピーナッツ・・・14.1(クラス3)


なんだ?この数字。
先生に「食べてないよね?」と疑われ。。。(笑)
(もちろん食べてないよっ!)





正直に言ってしまうと、
血液検査の数字はあまり気にしていなかったりします。
どんな数字が出ても、結局は白黒つくわけじゃないので。
それでも、時々は指標が欲しい、というか、
何か目に見えるものがないと、
やっぱりちょっとわからなくなる、というか。



で、今日、先生とお話してきたなかで出てきたのは、
「まあ、食べるしかないんで。」
という言葉。



私個人的には、日々の食生活の中で「食べなくてもいい」という選択をしてきました。
「食べられる」ことと「食べない」ことは少し違う、
無理に食べなくてもいいんじゃないか、という考えでやってきました。



でも、アレルギーだけじゃなく、どんなこともそうなのですが、
子供はいつまでも赤ちゃんではいてくれない。
できることならずーっと手元において、
アレルギーの出にくい環境に閉じ込め、
自分の作った食べ物だけを与え、
保湿剤を常に塗り捲る生活をして、
血液検査の数値が限りなく0に近いところにしてみたい。



でもそれは、違う?よね??(笑)




どのくらい出来るのか。
それを見たいと思っているのです。
アレルギーがない子たちと同じように生活して、
どこまで許していいのか、それを見たい。
食べても食べなくてもどっちでもいいし、
ダメならダメで仕方ないし、
積極的に食べられるようになりたい、という感じともちょっと違うんだけど、
でも、食べられるなら食べられた方がいい、そんな感じ。



言葉にすると、訳がわからない感じですが(笑)。
結局は「食べられるようになりたい」という方に近いんでしょうね。



来週、病院で牛乳の負荷試験をしてきます♪

先生に
「保育園の牛乳は何飲んでるか知ってる?」
と、聞かれました。
え?「お○しい牛乳」とか「農○3.5牛乳」とか「こん○んくん」とか、そういうことですか?
何か違うんだろうか?今日早速、保育園に牛乳の種類を聞いてみよう。。。(笑)


やっぱ痛いのはイヤだけど。

ro-sonn.jpg

ローソンの「苺と豆乳のアイスケーキ」。



感想。
ちっちぇえ・・・。
でも味は濃厚で美味しかったです♪



ハヤトは2層になっている苺の部分だけはがして食べてました。
それ、アイスケーキにする意味がないから!!



久しぶりに訪れたeriさんのブログ「YOU CAN RUN!!!」
ここに書かれていた「たまには痛さもいいよね」という、
宇多田ヒカルの「Wait and See~リスク~」をモチーフにした記事。
その内容の奥深さに感動して、泣いてしまった。



ああ、私にもeriさんほどの文才があれば・・・!!



ま、そんなことは言っても仕方がないとして、



♪だって”つまづきながら”って口で言うほど
 楽じゃないはずでしょう?




って、しょっぱな、ヒッキーに言われて、
悲しみを通り越して、苦笑いしてしまった。




はい、私、『アレルギー』ナメてました!(笑)




成人型アトピーの夫と出会ったとき、
私は自分が子供の頃「アレルギーっ子」だったし、
アレルギー科のお医者さまとも親交があったので、
行動や、考え方を変えるだけで、
そこから抜け出すのは困難なことじゃない、と、どこかで思っていたのでしょうね。



でも、そうではなかった。
残念ながらそれほど単純なものではなかったのです。
暗闇で、見えない敵と戦っているような。
登っても、登っても、山がなくなることがないような。



だから、頑張りすぎてはいけない。
頑張れば頑張るほど、体力を消耗するのは、自分ばかり。



さて、
記事が長くなりましたので、一度折ります。
「食物アレルギー」について最近思うことです。
興味がある方、お時間が許す方だけ、お読みください。
↓ 続く。

...more

top  prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。