スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

今年1年を振り返る。

20071005003213.jpg

『杏ジャム入り米食パン』




ハヤト「えーん。えーん。」(泣きまね)

チカ「あっ!大変!赤ちゃんが泣いてるわっ!!」

チカ、だだっ、と急いで走り寄る。

チカ「赤ちゃん、大丈夫?ミルク飲む?」

ハヤト、ごくごく・・・、とおもちゃ(メルちゃんの)のミルクを飲む真似。




最近、ハヤトもだいぶ演技が出来るようになってきました。
これも毎日のチカの特訓の賜物と思われます。
素晴しいねっ。





今日は私の勤める会社は「仕事納め」です。


そんなわけで、このブログも「ブログ納め」としたいと思います。
1年間、お付き合いありがとうございました。




1年を振り返り。


今年は、あまりいい1年ではなかったかもしれません。
年の頭の頃は頭痛に悩まされ、夏頃は育児ノイローゼ気味の鬱状態。
そして年末は交通事故。これは今も頭を悩ませてること。


それからアレルギーのこと。
この半年、私はハヤトのアレルギーから目を逸らしてきました。
もちろん、今まで通りに食べ物を除去したり、薬を飲んだりはしてきましたが、
自分から新たな試みをすることなく、探すこともなく、
何もせずに過ごしてきました。
そんなこともあり、9月にはブログを閉鎖しようかと思いました。
でも、とりあえず、何でもいいから書きたい、という思いが強くてまた再開しました。




ブログを始めたばかりの頃、「マクロビオティック」というものにハマりました。
実は私が「マクロビオティック」という言葉を聞いたのは、
もう今から15年以上も前のことで、とある「ダイエット本」でした。
その本には「ベジタリアン」という考え方はありませんでしたが、
それでも「一物全体(丸ごと頂く)」というものの考え方は、素晴しいと思いました。
マクロビアンやベジタリアンの方とお話していると、
「食」というものに真正面から取り組み、健康というものを深く考えている、
そういう方の考え方は、実に美しく、楽しい。


私もいづれ、そんな生活ができたらな、と強く憧れます。
今は心のケアが最優先ですが。
気持ちに余裕ができたら、いつか。。。


来年はどうするか。
アレルギーというものともっと真正面から向き合い、きっちりとしてゆくかもしれません。
このまま、何もせず、ゆるゆると、過ごしてゆくのかもしれません。
まだわかりません。決めていません。
どちらもアリだと思っています。




最後に、私が考えてる「ブログ」といふものについて。


ここでブログを始める前、別の場所でブログを開設しました。
最初、私はその使い方をあまり理解せずに始めたのですが、
時が経つにつれて、そこでは様々な暗黙のルールがあることがわかりました。
それがだんだんと窮屈に思えるようになりました。
私はもっとフリーな付き合いがいい、と思いました。


つまり。いわゆる「読み逃げ」というやつです。


読み手の顔を思いながら記事を書くことはやめようと思っています。
だから、読む人にとっては興味がある記事も、全くわからない記事もあると思います。
それでも「読みたい」と思う方がいれば読んで頂きたいと思っています。
もちろん「コメント」を書いていただけることは大歓迎です。記事を書く励みになります。
そして、是非、批判も書いてください。「偏った考え方」を修正するヒントにもなります。
ありがたいです。


私の理想は電車の「中吊り広告」のようなブログです。
気分転換になったり、暇つぶしにしていただけたら、それは嬉しい限りです。



そんなわけで。今年は終わりです。
来年もよろしくお願いします。




チカハヤ店主。

スポンサーサイト
2007/12/28 11:45 | ひとりごと。
comment(4)trackback(0)

今夜も流血。

yamamomo

『やまももジャムのケーキ』





みなさん、年賀状は書きましたか?
ワタクシもようやく重い腰をあげて、作り始めましたよー。







え?遅い?





おそらくこの感じでは元旦に届くのは難しい予感がします。
リア友のみなさん、とくに遠方の方、いつもながらすみません。



と、いうのも、


昨日の夜中の3時、チマチマとパソコン作業してたですよ。洗濯しながら。
すると、隣の部屋から


「うぇぇぇぇぇ~んっ!!!」




ああ、隣にいないの気付かれたかっ。


ちっ!!




と、部屋に戻ると、そこは、



スプラッタ~




そう。またしても。








鼻血ぶー!!!



血まみれのハヤトがわんわん泣いています。
鼻血をだらだら流しながら、足をバタバタさせながら、怒っています。



ハヤト、本当に鼻血をよく出す子です。
今のところアレルギーとの関係は不明。
ドクターに聞いてみたこともありましたが「わからない」と言われました。


よく出すけれど、止まらないわけではないし、
それでもの凄く苦しそう、というわけでもないので、いいんですけどね。
思えば私自身、子供の頃はよく鼻血を出す子でした。
変なところが似ちゃうものです。


起きてから10分と経たず、鼻血も落ち着き、
「ラッコ寝」で安心して、すやすやと眠るハヤト。
よかった。よかった。。。







あれ?








年賀状、全然出来てませんけど・・・?<





28日までにだせば元旦に届きます。

と、日本郵便さん、公言しているようですので、
とりあえず、今日も全力を尽くしてみたいと思います。

2007/12/27 13:40 | ひとりごと。
comment(0)trackback(0)

まちがいさがし。

kibi



クイズ!

『きびめん』はどれでしょう!








チッチッチッチッチ・・・・・・・









ヒント・1  「きびめん」の上にはチーズの代わりにじゃがいもが乗っています。







チッチッチッチッチ・・・・・・・








ヒント・2 そのお皿(底部)には「ゲキレンジャー」の絵が書いてあります。




このお皿、男の子らしくてよいと思ったのですが、ハヤトはご飯が少なくなり、その絵が見えてくると

「怖いね~、怖いね~」

と嫌がります。



この小心者がっ!!!










正解は右下の青いお皿でした。

ありがとうございました♪

2007/12/25 15:07 | ごはん
comment(6)trackback(0)

ちーちゃん。

kukki



『とうもろこし粉クッキー』作ってくれたよ。



さんきゅ 

『群馬県』ってこんなところです。


以前にも記事に書いたことがあるが、私は「群馬県民」である。


「群馬県」は「鶴が舞う様な形をしている」と言われている。
鎌倉には「鳩サブレー」というお菓子があるが、群馬には「鶴サブレー」というお菓子がある。
中身はまぁ、同じような、そう、まあ、うん。
で、群馬の地域の場所の話をするときには、
「鶴の首の方だよ」
とか
「鶴の尻尾の方ね」
とか、そんな言い方をしたりするのである。


2週間ほど前に事故にあってから、2,3日に1度の頻度で病院に通院しているのであるが、
群馬の看護士さん、受付のお姉さんは、治療が終わった患者にこう声をかける。

「お大事なさ~い」

生まれも育ちも群馬っ子の私には聞きなれたこの台詞。
県外の人には非常に「変」な日本語なのだそう。
「お大事に」とか「お大事になさってください」というのが正しい日本語か。
普通の挨拶だと思っていたけれど、どうやら地域特有のものだったらしい。


18歳を過ぎて、上京するまで、私は自分は方言など喋っていないと思っていた。
「うちの妹がさー、階段からおっちゃってさー・・・」
と喋り、「意味がわからん」と突っ込まれ、初めてそれが「方言」と知った。
おそるべし、方言。
(正解は「うちの妹が、階段から落ちまして、」です。)
そして、

「あーねー、そーだがねー、そうなんさー。」

と受け答えすると、「ちゃんと聞いてるの?」と、相手の感情を逆撫でするようだ。
危ない、危ない。。。
(正解は「そうね。そうですよね。そうなんです。」です)



「アレっ子的群馬県」の考察をすると、実は意外と厳しい県だったりする。

小麦粉の生産量は全国第2位。
昔から、うどんや饅頭が好まれる小麦粉王国。
家でうどんを打つ家も珍しくなく、1日3食のうち1食はうどん、なんていう家もあたりまえ。

牛乳の生産量は全国第4位。
牛乳離れが著しい今、「牛乳を飲みましょう!」とあちこちから声があがっている。
残念ながら、この県で「給食=牛乳」の文化がなくなることは難しい予感。



でも、あの超微粒米粉「リ・ファリーヌ」を作った「群馬製粉」はその名の通り群馬の企業。
素晴しいねー。ありがたいねー。
「群馬製粉」さん、実に頑張っていて、「リ・ファリーヌ」だけじゃなく、もち米を加工した「リ・スフレ」や、
コーヒー豆の「カフェ・リーヌ」、フルーツのパウダーなんかも作っている。

「群馬製粉」『リ・ファリーヌ』のHP

もちろん、全ての小麦粉が粗悪な食べ物で、全ての米が良質な食べ物、と決め付けているわけではありません。小麦も米もどちらも同じ、素晴しい食品です。
でも、いろいろな体質の人にあわせて、いろいろな食べ物が新たに誕生することは悪いことではないですよね。



ところで・・・

「レンジ蒸しパン」作ろうと思ったら、膨らまなくて「もち」になっちゃった経験ありませんか?



焼いてみましょう♪

moti

2007/12/21 15:19 | ひとりごと。
comment(4)trackback(0)

可愛い型のススメ☆彡


めっきり『コジャレタ』お菓子を作っていない「カフェ・ド・チカハヤ」ですが、
せめて形だけでも楽しみたいぜ、ということで、
この2年の間、すごい勢いで買っているのがシリコン型


これねー、実に便利なのですわ。
オーブンも電子レンジも使えるし、シャーベットやゼリーだって作れちゃう♪

そして何がいい、って、
型抜きがカンタン!

金属型のように、油を塗って、粉をはたいて・・・なんていう手間が一切要りません。
何の用意もしていなくても、型に流し込んで、調理(冷凍)したら裏返してポン!
本当にスバラしいよ!
ズボラちゃん、大助かりだよ!!





さて、そんなチカハヤ店主のオススメはコチラ。

hana


マーガレット型。


形が可愛いのはもちろんのこと、子供が手にもって食べやすい大きさと厚さ。
熱も通りやすく、使いやすいです。
(レンジで過熱する場合、型のタイプによっては過熱にムラがでてしまうことがあります。)
この型は比較的均等に熱が通ります。

もうひとつ!シリコン型のよい点は「切れること」。
私はレンジの大きさや、熱の通り具合をみて、型を切ってしまいます。
(例えばマーガレット型は6個で1つの型ですが、4個と2個に切り分けました。)
ちょっと勿体ない気もしますが、むしろその方が使いやすいし、収納もしやすいです。




そして、多分私が一番活用しているのはコチラ。

anzu.jpg


ミニマフィン型。


これでコロッケも作ったりします。
タネを作ったら型に入れて冷凍。固まったら衣を付けてオーブントースターで焼きます。
クリームコロッケなんかもとっても形よくできます。



クリスマスなので特別に買ったのはコチラ。

wood


ツリー型。


めっちゃ可愛いです。
が、これ、よく見ないでネットで買ってしまったのですが、すごく小さかった。
子供たちは食べやすく喜んでいましたが、作る人はちと大変。。。



シリコンだけではなく、レンジ用の型も結構買いましたので、戸棚には型が溢れております。
(買いすぎだよ。。。散財女王でゴメン。。。)
でも同じ生地でも形が違うとかなり食感が変わって、別物になります。
実はまだまだ「欲しい♪」と狙っている型がありますので、
今後も増えていくことでしょう。

早いのが取り得♪

岡本信人ではない。(←って、これがわかるヒトがいるのかよ。。。)
ハヤトである。



最近のハヤト、歌も歌います!

昨日も、コタツの上に上り、「せーのっ!」と自ら掛け声をかけて歌い始めたその歌は。。。



「♪トンテントンテン、かじやのちゅーちゅー・・・」




ほー、上手く歌えてるじゃないかい?
と聴いていると、




「♪森から、いよ~。。。」(パチパチと拍手)








え?
もう終わりですか?




早っ!!





ちなみにこの歌は全部歌うとこんなに長い。。。


♪トンテントンテンかじやのつち 森から聞こえてきます
ピッピッピッピッ小鳥の歌 ドシラソドレミド
おひさまさよならして 小鳥がおねんねしても
トンテンカンテンかじやのつち ドシラソドレミド






実はハヤトさん、「早いことはいいこと」と思っているらしく、
すぐに「はやーい!」と言います。
例えば、おにぎりを凄い勢いで口に押し込み

「はやーい!」

って。
別にいいですから!早くなくても!!




昨日は、川原の公園へ散歩。
どんどん先を歩いていくチカを追いかけ、

「はやーい、はやーい」

と言いながら、転びながらも一生懸命ついてゆこうとするハヤト。
「あぶよー(危ないよー)」
と、怖がりながらも、頑張ってました。



よーし、よーし、強くなれよー!
早くなくてもいからね。

今回の交通事故で学んだこと。

ある日、一度閉めようと思ったブログをまた再開しました。
そのとき、日記なんだからあまり型にはまらずに書きたいことを書こう。
つまらない文章でも、できるだけ毎日更新しようと決めました。
しかし、なんだか、やっぱり、どうしても、文章が書けない日、というのもあるのだなぁ、と。


先週の木曜日に交通事故にあいました。
実はそのことでいろいろ面倒なことになり、気持ちがかなり参ってしまいました。
そして、後になってからあちこちが痛くなり、それも辛くなってきてしまい。
多分、「後遺症」+「ストレス」がよけいに状態を悪化させたのだと思います。


今回の事故で知ったことを簡単に書きます。
交通事故を経験したことがある方にはかなり「常識」かもしれないのですが、
私のように全く知識がない方もいるかもしれないので書かせていただきます。


興味がない方はスルーしてくださいね。

...more
2007/12/14 17:28 | ひとりごと。
comment(8)trackback(0)

つい。。。

ハヤト、だいぶ喋れるようになってきました。
最近ではチカと喧嘩ができるまでになりました。
この前まで歩くこともままならなかったのに。。。と、母は涙、でございます。



チカ、保育園から毎日のようにお土産を持って帰ってきます。
「お土産」と言っても、特別なものではなく、

拾った石とか。。。
どんぐりの実とか。。。
可愛い広告の紙とか。。。


まあそんなものを嬉しそうに「お持ち帰り」してくるわけです。



で、今日は、
自分で作った「泥団子」
「これ、上手に出来たでしょ?」
と、かなりご満悦。
先生にビニール袋に入れてもらい、ウキウキ持って歩いておりました。



ところが、帰り支度をしているスキに、ハヤトがそれを取ってしまったので、さあ大変!
あわてて、取り返そうと、ハヤトを追いかけます。


「それちーちゃんにのだよっ!」


もちろんハヤト離さず。

「ハヤのよー!!」


「チーちゃんの!!」
「ハヤの!!」



と、引っ張り合うものだから、
ビニール袋の中で泥団子は砕けてバラバラに。。。


「うわーーーーーん!!!!!!」


チカ号泣。



「もーっ!ハヤトのバカーーーっ!!!」


するとハヤトも負けじと叫ぶ。



「もーっ!ハヤトのバカーーーっ!!!」











「・・・・・・・・?」













(正解は)「もーっ!チーのバカーーーっ!」でした。。。



自分で「バカ」って言ってどうすんだよ。。。


と、あいかわらず「おっぱっぴー」なハヤト。
まだまだぐずりん「赤ちゃん」ですが、日々、いろんなことを吸収して成長しています♪

みんな~!集まって~!!

ある日のお風呂にて。



チカ、お風呂の椅子の上に立ち。


「みんな~!集まって~!!」






「・・・・・・・・・・?」
















「タカハタユキコです!」























誰っ?














「みんなは何の歌が好きかな~?」


「・・・・・・?」


「アンパンマンが好きな人~?」






ここで初めて気付いた。
よくイベントなんかで司会しているお姉さんの真似だ!


で、あわてて、手を挙げてみた。


「は~い、は~い!」


「じゃあ、プリキュアが好きな人~?」


「は~い!」

きっとここで歌を歌うんだろうな、と思い、プリキュアの歌を歌うと、

「歌わないで!!!」

と怒られた。






「じゃあ、マイメロが好きな人~?しずくちゃんが好きな人~?」

延々続く。これ、この後どんな展開になるんだろう、と思って黙ってじーっと見ていたら。。。



「はーい。じゃあおしまいでーす。ばいばーい!」







えええーーー?終わりですかーーーー???





ただのアンケートだったようです。


お疲れ様でした。タカハタさん。

ときどき。振り返る。(その2)



2003年11月26日。
我が家に待望の赤ちゃんがやってきました。
チカです。


チカは予定日を8日ほど遅れて生まれてきました。
へその緒が首に巻いていて、一時心拍が落ちたため、緊急帝王切開手術でした。
それから私は原因不明の高熱に見舞われたり、といろいろありましたが、
とりあえず母子共に無事に家に帰ってくることができました。


さて、そんな感じで生まれてきたチカですが、

...more
2007/12/07 12:06 | ひとりごと。
comment(6)trackback(0)

事故った。。。

朝、会社に行く途中で、わき道から飛び出してきた車にぶつけられた。


なんか、いろいろ、いろいろ、疲れて、会社行くのやめた。


いろいろ、いろいろ、考えて、悲しくなってきたけれど、


何とか落ち着いてきた。


何に悲しくなったかは、気持ちの整理がついたら、また書きます。


「ときどき。振り返る。(その2)」は近日中にアップします。


すみません。




ところで、昨日のチカとハヤト。

...more
2007/12/06 15:04 | ひとりごと。
comment(8)trackback(0)

ときどき。振り返る。(その1)

今日はじめてきてくれた人も。
いつも遊びに来てくれる人も。
ようこそいらっしゃいませ。
カフェ・ド・チカハヤです。



私は結婚して、毎食ご飯を作るようになって、7年になりますが、
同時に「アレルギーを考えた食事」を作るようになって7年ということになります。

...more
2007/12/05 12:25 | ひとりごと。
comment(0)trackback(0)

♪スッキリ、スッキリして~

♪お掃除、ニッコリ、きゅっとね、ハートも磨こう~


souji1
souji2



ハヤト、「ダイソン」の掃除機のお試ししてます。
かなり一生懸命ゴミを取ってくれました。
さすがに吸引力が違いますね~。



そんなわけで。



助けてください~!!



我が家の子供たち掃除機、大好きです。
母が掃除機を出すと、自分たちもやりたくてしょうがないのです。
で、持ってくるんですよ。コレ。


k


キティちゃんの掃除機です。
「おもちゃ」で、普通のゴミは吸えません。
よく出来た製品だと思いますが・・・。



専用の「発砲ゴミ」をばらまくのはやめてください~。


「掃除機」なのに、掃除しないと遊べないシロモノ。


なんだかなぁ・・・。





思えば、これは、今年のお正月にばあちゃんからもらったお年玉で、チカが自分で買ったものなのです。
今年も何か買うんだろうな。
クリスマスもおもちゃ買う気満々だし
おもちゃばっかりだ。。。

じっと我慢。

お風呂にて。

スポンジで必死に鏡を磨くチカ。
「は~、忙しい、忙しい。もうやることが沢山あって大変なんだから、もぅ。」
ママにスポンジとお風呂絵本を渡す。
「はい。これ洗っててね。他にもやることがあるんだから。この赤ちゃんの世話もしなくちゃだし。」
「・・・・・?」



お風呂上り。

はだかんぼのまま腰に手を置き、「はー」とため息。
「ちーちゃん、○○ちゃん(保育園のお友達)みたいに痩せたいなぁ。。。」
「・・・・・?」



チカにはいつも自分の世界があります。
将来は『女優』になれそうな気がします。



チカには果たしてそんな素質があるのか、それとも私がそうさせているのか、ふと考えます。



チカが1歳11ヶ月のときに、ハヤトが生まれました。
思えば、私はそれからチカをあまり抱っこしていません。
家にいるときは、ときどき甘えて、わざと膝にのってきたりするのですが、それをハヤトがみつけるとすごい勢いで引き剥がそうとし、泣いて抗議。チカはすぐにママをハヤトに譲ってくれます。
夜も、あいかわらずママのお腹で「ラッコ寝」してるハヤト。
ママをひとりじめです。
いつしかチカは、添い寝してもらうこともなく、ひとりでも寝られるようになりました。
外出すると、3歳、4歳、くらいでもママに抱っこされている子供を見たりします。
なのに、スーパーに行ってもベビーカーに乗ることもなく、チカは2歳から一人で歩いています。
それでも、ハヤトのことを僻んだりすることもなく、「可愛い」というチカ。
イライラしたママに当たられて泣くハヤトをかばう姿は、涙がでるほどです。
本当にいい「お姉ちゃん」です。


チカは食物アレルギーがなく、どんなお菓子でもたべられます。
ハヤトにばかりかまい不公平感を感じるとき、私も、パパも、多分、じーちゃんやばーちゃんも、チカにお菓子をあげてしまったりします。
でも本当はどうなんだろう。それってどう思うんだろう。




今、一つ悩んでいることがあります。
ケーキです。

11月26日はチカのお誕生日でした。が、ハヤトが食べられないので、ハヤトにはおうちで作ったものを出し、チカはお店で買った小さなケーキを食べました。すると、
「ちーちゃん、丸い大きいケーキが食べたいの。ママ作って。」
と言われてしまいました。

実際、クリスマスのことなんかもあり、ケーキのことを少し考えはじめています。
アレルギー対応ケーキを購入するにしても、どうしても油が気になるのです。
「食べられる」からいいわけではなく、なんとなく油が多いような気がしてしていまひとつ踏み切れません。

家で作るか?とも考えますが、どうも美味しいものを作れる自信がありません。
ハヤトしかいなければ、多少美味しくなくても、見た目だけでも、そういうものでごまかせる自信があるのですが、チカには多分無理。


ホールはあきらめて小さいもので我慢してもらうか、
それとも味が今ひとつな手作りで我慢してもらうか、
それともばーちゃんちとかで一人で食べてもらうか。




いづれにしてもまた「我慢の子」。
キミはもうそういう星の下に生まれてしまったのだよ。




頑張れー。(母もだけど。。。)

2007/12/03 03:34 | ひとりごと。
comment(8)trackback(0)

『ロハス』とか、『食育』とか、『京都議定書』とか。

とても素敵なブログをご紹介します。

高樹沙耶さんのlaniだより

女優でタレントの高樹沙耶さんのブログです。
沙耶さんのエコライフのことが沢山載っていますが、写真がとっても綺麗です。
特にお野菜ちゃんたちの可愛い写真にはとっても癒されます。。。


沙耶さんのブログをみるきっかけはある雑誌のインタビュー記事。
「都会に住んでいると、今日は何を食べようかな、と思うけれど、ここ(南房総)に住んでから、今日は何が食べられるだろう、と思うようになった。」
という言葉がとても印象的で、好きになりました。



『食事はバランスよく他品目を食べなさい』
と、言われてきたけれど、果たして冬に「体を冷やす効果がある夏野菜」を食べる必要があるのかな?
これはマクロビの本を読んでから思うようになったことで、例えば、昔、自分で野菜を作っている人は「大根」の季節には「大根」ばかりを食べていたはず。(今でも自分で作っている人はそうかな)。偏ってる感じもするけれど、でも本来、それが自然なことなんじゃないかな。と。
今はお店にいくと、季節関係なく綺麗な野菜が並ぶ時代。あえて高い野菜は買わず、旬の野菜ばかりを食べても年間のバランスはとれるかな、なんて勝手に思ったりして。







先週、公園に行き、小さなゴミ箱に詰め込まれた「明らかに持ち込まれた家庭ごみ」を見ながら、ふと思う。
こんな社会で、今の子供たち大丈夫かな、とか。
私が子供の頃は、まだこんな風景はなかった。
というか、多分、家庭のゴミはこんなに多くなかった。
世の中が便利になった分、ゴミが増えた。
それで経済は発展してきたのだけれど、多分もう飽和状態。


「最近の子は食生活が乱れてるから」
とかなんとか。
赤ちゃんが生まれると、市町村で「食育のお勉強」なんかをしたりする。
でもね、思うんですけど、インスタント食品や甘いお菓子で溢れた生活していた人に、急に「子供にちゃんとした食事をたべさせましょう」といってもやっぱり限界がありませんか?
子供にだけ「野菜」を食べさせて、自分は影でハンバーガーを食べている。
こんなの長続きするわけがない、と思ってしまう。
大人がもう少し食事を見直さないと、この国はダメになるよ。


2008年はすぐそこ。
便利な生活になれてしまった今の日本人は、昔に戻るなんて多分出来ない。
だったら頭を使って、C02を削減していくしかないのだ。
1億人も生活している日本人だからこそ個人の努力も効果的といえるけれど、もっと社会全体で、企業から、ゴミを減らす努力をしてもらいたい。
もっともっと出来るよ。

2007/12/03 02:46 | ごはん
comment(0)trackback(0)

おにぎりの日

kitty

毎週金曜日は「おにぎりの日」です。


「キャラ弁」に憧れるちかはや店長は、最初の頃、おにぎりにチーズをつけたり、きゅうりを飾ったりしていましたが、
「おかずは入れないでください!」との注意あり。。。。
ちょっと残念。



キティちゃんの海苔、可愛いですよね。

「ダイカットやきのり Hello kitty」サンリオさんから発売されています。

「ネット通販で」は見つけられませんでした。
私は近所のショッピングセンター内の「サンリオショップ」で買いました。
キティの他に「シナモン」と「マイメロ」がありました。




ところで昨日の「お誕生日会」ですが、
チカは「大きくなったら・・・」という質問はされなかったそうです。残念!
一方ハヤトは指で歳は表現したものの、あとは人形のように固まっていたようです。
ハヤト、いつもこんな感じです。
うちでは結構おしゃべりですが、外に出るとおとなしい内弁慶。
大体みなさんに「おとなしいね~」と言われます。


お誕生会にはお土産がでます。
チカは手作りの「クッキー」、ハヤトは「ぽんせん」と「ミニゼリー」でした。
ありがとうございます。
そして、

「これ、ちーちゃんの。これ、はやちゃんの。」

と、2歳にして、自分のものと他人のものを分けられるのは保育園の教育のおかげです。


ただ、洋服なんかにしてもそういう感覚があるので、お下がりをイヤがったりします。
うーむ。。。
ま、仕方ないですね。
しかし、小柄で細身のチカと小柄なものの、立派なお腹のハヤト。
ズボンのサイズが一緒だったりします(丈は違うけどね)。

2007/12/01 11:55 | ごはん
comment(2)trackback(0)

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。