スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

基本に戻ってみた。

ちょっと凹んでいました。

このところ、ずうっと「焼き米パン」を作っていましたが、どうしても美味しく作ることが出来なくて、毎日「消しゴム」のようなまずーい「米パン」を食べていました。

美味しくないと家族も食べてくれません。。。
ひたすら一人で消費。
あとはパン粉にしてみたり。

で、久々に「つなまよ式」の「レンジ米パン」を作ってみたら
(↓の「ベーグル風米パン)

なんて美味しいんでしょう!

「ああ、もう焼かなくてもいいかぁ」と思ったりして。

サトワカさんのブログで「パンの本」の話をしていて、
もう一度基本に戻って焼いてみようかな、と思いました。


参考にした本はこちら

kihonn.jpg


図書館で借りてきました。
私の住んでるところは田舎なので、図書館も小さくて、あんまりパンの本がありませんでした。
あった中で一番新しそうで、親切そうな本がこれだったので。。。

一番初めに出ている「バターロール」でやってみます。
「初めてのパン作りはこれから始めましょう!」と書いてあるので。

材料の中で変えたところは、

「小麦粉・・・200g」
   →「リ・ファリーヌ・・・160g」
    「コーンスターチ・・・30g」
    「コーングリッツ・・・10g」

「卵+牛乳・・・140cc」
   →「豆乳・・・140cc」

「インスタントドライイースト・・・小さじ1+1/2」
   →「小さじ2」

「砂糖」→「メープルスィート」
me-puru.jpg

(「増粘材」の効果を期待して入れてます)

「バター」→「A-1マーガリン」


あとは、この本に出来る限り忠実にやってみました。

と、言っても、こねられる硬さにはならないので、混ぜるだけですが。。。
とても成型は出来そうもなく、丸めるのも無理そう。

なので、

こんな型に入れて、
kumakata.jpg


こんな風に焼いてみました。
teppan.jpg



わかります?
このお盆のような丸いもの、電子レンジ用のお皿です。
(オーブンもOKのものです)

この本の中で「イングリッシュマフィン」の作り方のところで、セルクルに生地を入れて、上に天板を乗せて焼いているんですけど、うちのオーブンは小さく、天板が1枚しか入らないタイプなので、天板が1枚しかないんです。
なので、仕方なくレンジ皿です。


200℃で30分焼きました。

こんなものが出来上がりました。


kasutera.jpg


kasutera2.jpg



カステラのようなふわふわのパンができました!
すごく「リファ」らしいものが出来ました♪
焼きたてはめちゃめちゃ美味しかったです。


今回は果たして何がよかったのでしょうか・・・?


パン作りがまだまだ掴みきれていない私には、よくわかりません。。。


今度はセルクルでやってみます。

スポンサーサイト

2006/08/26 23:08 | 米粉パン
comment(0)trackback(0)

comment













管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。