スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

ときどき。振り返る。(その2)



2003年11月26日。
我が家に待望の赤ちゃんがやってきました。
チカです。


チカは予定日を8日ほど遅れて生まれてきました。
へその緒が首に巻いていて、一時心拍が落ちたため、緊急帝王切開手術でした。
それから私は原因不明の高熱に見舞われたり、といろいろありましたが、
とりあえず母子共に無事に家に帰ってくることができました。


さて、そんな感じで生まれてきたチカですが、



生まれたときは3000g越えていたのに、月日が経ってもあまり体重が増えません。
私の母乳が出なかったのです。
というか、正確に言うと、詰まっていたのです。


チカはは母乳を全部飲み終わる、ということがありませんでした。
決まって飲みながら寝てしまうのです。
そして、吸う力が弱いようで、すぐに私の乳は詰まってしまうのです。
1週間も放っておくとあちこちにボコボコとしこりのようなものができてしまいます。
産んだ病院に「母乳相談室」がありマッサージもやってくれていたので、
チカを連れて毎週のように通いました。


そこで言われたのは。。。


「乳製品や油は取っちゃ駄目」


我が家は夫がアレルギー体質、ということもあり、妊娠中からそれなりにそういうものは取らないように気をつけてはきました。
それでも、誘惑に負けて、時々はそういうものも食べてしまっていました。
ところが。乳が詰まるようになると、それが如実に現れるようになりました。
菓子パンなど食べようものなら「すぐ!」です。
「食べたい欲望」と「乳が詰まる苦しさ」の戦いでした(笑)。
乳が詰まると、吸う力の弱いチカは十分に飲めないようで、しかも詰まったまずい乳がでてくるのか、
余計に詰まった乳を飲まなくなり、仕舞には怒って泣き出す始末。


6ヶ月検診の時、チカは6000gありませんでした。
当然、成長のグラフの範囲からはみだし、保健師さんからも注意。
ミルクを足すように言われました。
でも、私はミルクを飲ませることに抵抗がありました。
そう、アレルギーが怖かったのです。
酷くはないものの、乳児湿疹もあり、アレルギーを疑っていました。
でも体重は増えない。
葛藤でした。


結局、粉ミルク(「E赤ちゃん」)を購入し、ミルクを足すことに決めたのですが、
それまで母乳しか飲んだことのないチカは哺乳瓶を嫌って飲もうとしません。
作っては捨て、作っては捨て、の毎日。
そして詰まった乳を怒りながら飲み、ぐったりと寝てしまう。
でも布団に置くと起きてしまい、怒って泣く。
しかも1時間~2時間おきに起きて飲み、24時間常に抱っこしているような状態。
そのときはチカを抱っこしながら1日中テレビをみているか、ネットをしているか。
ご飯も作らず、家事もせず、暗くなった部屋で電気もつけずにぼんやり座っている、
なんてこともめずらしくなかったです。
2人産んだ今思えば、もうちょっと「やりよう」もあっただろうに(笑)。。。


そんな感じで、「アレルギー」と判断されずして、除去食をすることになったチカ。
今思えばラッキーだったのかもしれません。


そして10ヶ月のときに今の保育園にめぐりあいます。
そこの見学に行ったときに、「給食」の説明を受けました。


3歳以下の子供には、乳製品は腸に負担がかかりすぎます。
小麦は腸に張り付いて消化が悪いので沢山はあげません。
園の給食のメニューは毎日「玄米粥」に「野菜煮」に「青汁」。
カルシウムや鉄分は「牛乳」を飲まなくても「青菜」で取れます。
そして、園児はみんなおいしそうに食べています。


私は「そうだよ、そうだよ!」と嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
私が求めていたのはこういうことだったんだよ!
10ヶ月検診で保険センターを訪れたときは、
卵や乳製品の離乳食の指導なんかをされて、「うーん・・・」と思っていたところでした。
もちろん、卵や牛乳を食べることを「悪いこと」と思っているわけではないのです。
ただ、我が家の人間として、私たちの子供として、「食べさせたくない」気がしていただけなのです。
それを「食べなさい」と言われることに矛盾を感じていました。
卵を食べると「蕁麻疹」が出る父親を見て、その子供にどうしても食べさせる気になれません。
だから誰かに「食べなくてもいいんだよ」と言ってほしかったのです。


思い過ごしかもしれない。
でも、思い過ごしならそれでいい。
こんな赤ちゃんに、
今はいいじゃない。


結局チカは2歳まで卵を食べませんでした。
2歳のとき、私がハヤトを産むために実家に預けなければならくなった時、
そのときに卵を解禁にしました。
それでも、家でも園でも食べたことのない卵をチカは食べなかったそうです。
牛乳も同じでした。
私はよかったと思いました。


現在、チカはどうか、というと。
保育園では3歳クラスになり、初めて牛乳が出るようになり、
パンは大体、月に1回出ています、
おやつも時々はビスケットやホットケーキが出るようになり、
「美味しかったよ♪」と嬉しそうに報告してくれます。
そうです。
やはり、大好きなのです。
急いで食べさせなくたって、美味しいものは好きになるのです。


問題はこれからのこと。
今はなんとかやっていますが、そのうちきっと、今よりも難しくなってくる。
果たしてどうしようか。。。
ない知恵を絞りつつ、母は日々頭を悩ませています。




(その3)へつづく。。。

スポンサーサイト

2007/12/07 12:06 | ひとりごと。
comment(6)trackback(0)

comment

NoTitle

うちの娘も体重増加不良で4ヶ月健診で5キロなかったです。
でも食物アレルギーなんて疑いもせず除去していない母乳を与え続けた。
ちかはやさんは最初から疑ってえらい!
わたしもあのとき気づければ・・・なんて思っちゃいました。
保育園の食事もありがたいよね。
粗食でいいのよ、粗食で♪
No:965 2007/12/07 18:19
ゆうあんみぃ #dZkadFJY URL [ edit ]

NoTitle

そう、それそれ!
小さいうちは胃腸に負担がかかっているんですよね。
食べられないなら、栄養は他のもので補う、そうですよね!
息子は別に数値に出なくても合わないと感じているものが多いのですが、読んでいて私も救われました。
素敵な保育園ですね。
いい出会いがあって良かったですね。
No:967 2007/12/08 07:01
いくら #- URLedit ]

ゆうあんみぃさん、こんにちは。

私もミルク足そうとしてましたから・・・。結果的にチカが飲まなかった、というだけで。チカも、生まれたときは私が高熱でとてもお世話が出来る状態じゃなかったので、看護師さんからもらったミルクをごくごく飲んでましたから、6ヶ月のときも嫌がらずに飲んでいれば、ミルクの子だったかもしれません。

保育園の食育は本当にありがたいです。
いくら自分である程度の信念を持っていたとしても、やっぱり一人でやるのって大変ですよね。
子供は知らなければ全然何とも思わないことですから、せめて小さいうちくらい、地味な食事(笑)でいいんじゃないかな、と思ったり。。。
No:968 2007/12/09 06:33
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

いくらさん、こんにちは。

実はね、私も無知なことが沢山ありまして、保育園に入るまでは「小麦粉」ってむしろ消化のいいものだと思っていたのですよ。よく風邪引いたら「うどん」とか食べていたし。
でも、世の中にはそういう風に思っている人も少なくないはず。アレルギーから学ぶことは多い。。。

やはり「母のカン」って侮れないですよね。常に一緒にいる人には何となく「合う」「合わない」ってわかってくるものだと思います。大人の自分にだって、なんとなく「コレ、どうも合わないなぁ」というものがありますから、子供はもっとかもしれないですよね。
No:969 2007/12/09 06:38
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

NoTitle

やっぱり昔の人が長生きするのって、うなづけません?
粗食が長生きの秘訣だと思います。

それと比べて、1才未満から乳製品与えられて、毎日卵食べてジャンキーな食生活の現代人って、お先真っ暗・・・。

でもこんな考えになったのは、美結のアレルギーがきっかけです。それまでは牛乳は体にいいと思ってましたから。

それにいつも、チカちゃんハヤト君の通う保育園のお話を聴いて、うらやましいと思ってました。
「偏っている」と思われがちかもしれないけど、家庭以外でも実行するのってかなり難しいですもんね。
No:972 2007/12/10 01:37
とんとん #- URL [ edit ]

とんとんさん、こんにちは。

0歳から乳製品ねー。どうしてなんだろうね。
やっぱり赤ちゃんでも美味しいと感じるのだろうね。
そんな小さなうちから「ご機嫌」取らなくてもいいと思うのだけれど?お腹が空けば何でも食べるよ。好き嫌いはあって当たり前!でも、ママは自分の赤ちゃんが食べてくれないと心配なんだよね。私も最初はそうだったもの。。。

チカの保育園の給食なんかを見てると、やっぱり「味」より「雰囲気」かなー、と思う。周りの人が美味しそうに食べていればきっと「美味しい」とインプットされる。
家ではわがまま言って食べないものも、園では食べてる。子供って意外と計算高い!!

人間は雑食の生物だから、何食べたって生きていればいいと思うのだけれど、子供は自分で選べないし、体も未熟。世間でこれだけ「アレルギー」の子が増えているのは、やっぱり私たち親の世代が間違ってやってきた代償なのかしら、なんて思ってしまったりして。。。

私も牛乳は体にいいと思ってましたよ!そういう風に習ってきたし。牛乳飲まないと怒られた世代ですから!!
みんなが飲んでるところで「飲みません」って言うのはなかなか難しいよね。
小学校くらいになるともっと「好き嫌い」と「体に合わない」ところの選別が難しくなりそう。。。
No:977 2007/12/11 14:13
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。