スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

『日出処の天子』山岸 凉子

日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)日出処の天子 (第1巻) (白泉社文庫)
(1994/03)
山岸 凉子

商品詳細を見る




「LaLa」(白泉社)において、1980年4月号~1984年6月号まで連載された。

厩戸王子(聖徳太子)と蘇我毛人(蘇我蝦夷)を中心に、主人公である厩戸王子が少年時代を経て、摂政になるまでを描く。
聖と俗、男と女という矛盾を抱える厩戸王子の圧倒的な存在感に加え、厩戸王子を天才・超能力者・同性愛者として描く斬新さが特徴。
厩戸王子には超能力を持っているとでもしなければ説明できないような逸話が『聖徳太子伝暦』などに残っており、これはこうした伝承・伝説を積極的に採用したものである。


「Wikipedia」より引用



私のつたない文章で説明するには申し訳ないほどあまりにも素晴しい作品なので
あえて内容のことは書きませんが、
私が持っている本のなかで、多分一番読み返している漫画だと思います。
厩戸王子の美しさ、不思議な魅力、繊細な心情、人間関係、恋愛感情。。。
いろいろな要素が複雑に入り組んで、とにかく面白い。


そして、山岸涼子先生の絵は素晴しい~。
美しく、繊細、それが登場人物たちの細かい心理描写を的確に表していると思います。
何度呼んでも「飽きない」どころか、新しい発見があり、引き込まれる漫画であります。




ところで。
昨日、第138回芥川賞の発表があったわけですが、受賞したのは川上未映子さんの「乳と卵」
タイトルに惹かれ、また風貌も実にお美しい女性だったのでちょっと興味をもって、ご本人のブログを見に行ってみました。


(コチラ→)『川上未映子の純粋非性批判』


じっくり見たわけではなくて、さらっと見ただけなのですが、
「自分がもし書店主だったら」というテーマでの記事の中で、
"山岸涼子「日出処の天子」(←1日に一回はページを開いてる)"
という文章を見つけまして、ちょっとドキドキしちゃったわけです。
他にも「コミック」というカテゴリーの中で「大島弓子さん」の漫画のことを書いていまして、
私はこの人の感性はもしかしたら好きかもしれないなー、と思ったりするわけです。


で、「乳と卵」(チチトラン)というタイトルですが、そう、我が家ではもうしばらく家の中で見かけない二大アレルゲン要素であります。
アレルギーっ子の話ではないとは思いますが(笑)、いずれ機会を見つけてぜひ読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

2008/01/17 12:02 | ☆漫画☆
comment(4)trackback(0)

comment

こんにちは!
「日出処の天子」とても懐かしいです。
中学生くらいで嵌って、当時は
何度も読み返していました。
今読み返したら、当時とは違う
感想になるのかな~
No:1031 2008/01/19 13:29
ゆうこりん #0FtB7ubA URL [ edit ]

今でも時々読み返しますヨ~~!
これさ、切ないヨね。
昔は本気で布都姫がキライだったよ。
今は・・・う~~ん、どの人物にも悲しい部分があって、
そこがまた魅力で・・・。

そういえば、某有名漫画家がこの作品を批判、
自分でも聖徳太子を描いたのがあるんですよね。
批判してるのに、まるで真似っ子、くらいに似てるとか。
王子の髪に薔薇がささっていたり・・・。
この薔薇、山岸さんが編集さんに「華やかに!」と言われてつけた苦肉の策。
当時そんな薔薇はなかったらしく、それをご存知であえてつけた花。
なのに~、な~ぜ~?
その大御所の聖徳太子もおつけになっていたそうな。

山岸作品、また読み返したくなってきました~~。
No:1032 2008/01/20 00:45
こむぎこ #8HfAKsDo URLedit ]

ゆうこりんさん、いらっしゃいませ。

コメントありがとうございます。
お待ちしてましたよ~♪

私は中学の頃は読んでなくて、高校生になってから読んではまりました!
昔の漫画を大人になってから読むとまた新しい発見があったり、違うことを感じたりするんでしょうねー。
まだまだ、いろいろ読み返したい漫画があります。
今年は、少しは新しい漫画を読む余裕もできたらいいな、と思っています☆
No:1033 2008/01/20 10:43
ちかはや #9hNeQ44I URLedit ]

こむぎこさん、いらっしゃいませ。

コメントありがとうございます。
こんな理由で早速書いちゃいました♪

テーマがテーマなだけに、いろいろな評論がありますよね。新聞に捏造記事がでちゃったくらいですし。。。
布都姫もねー。こういう女の人いるよ~、って感じで、また毛人がね・・。もー、なんでオトコってこうなのよっ!みたいな(笑)。
厩戸に薔薇は似合うね!美しいです。トゲがある、というところがまた何とも言えず。
山岸先生の作品は他にもいいものが沢山ありますよね。
いつもいつもあの線の美しさにはホレボレです☆
No:1034 2008/01/20 10:53
ちかはや #9hNeQ44I URLedit ]












管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。