スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

Real Clothes

Real Clothes 1 (1) (クイーンズコミックス)Real Clothes 1 (1) (クイーンズコミックス)
(2007/05/18)
槇村 さとる

商品詳細を見る



いやぁ。。。


槙村先生の漫画は、どの作品も実に面白い!
雑誌で少し読み始めたらとまらなくなってしまい、
夫に頼んで、「e-Boo○・O○f」とか、「Ama○on」とか、
いろんなとこで探してもらい、5巻、一気読みさせていただきました。
まだまだ続いてますよー。。。





全く関係のない話ですが。。。


私の職場には、前の会社を定年退職してからやってきた
いわゆる「天○だり」という方がいらっしゃるのですが、
その中の1人の方が、この前、何かの会合の旅行に行きましてね、
珍しく、お土産なんか買ってきてくれたですよ。



この方、人からもらった土産にはかならずケチをつけ、
自分あてにもらった菓子折りなんかは自宅に持ち帰り、
出張なんかいっても、まず、土産なんて買ってきたことがない方なので、



まず、土産を買ってきたことに驚いたわけであります。



中身はね、「雷おこし」だったですよ。
行き先は千葉だったらしいですけど。
名産なんですかね?
よくわからないですけど。
まあ、それは別にどっちでもいいんですけどね。



笑ってしまったのはその袋の方でして、
お土産の箱が入っていた紙袋に、
その方の名前が、「○○○」とひらがなで、
ボールペンで、ひょろひょろっと、書かれていた
ですよ。



楽しいバス旅行の風景が浮かんでまいりました。
途中、お土産やさんで土産を買い、
荷物を預けるときに、自分の袋がわからなくならないように、
そこでみんなで名前を書いたんでしょうね。




私、以前にもこういう光景をみたなぁ、と思い出しました。



それは、まだ独身時代。
友人とハワイに旅行したときのこと。



空港のロビーで、トランジットの飛行機を待っておりました。
私たちの後ろには、日本人の、
60歳は過ぎているかな、という感じのおばさまの団体がおりました。


私の隣に座っていた友人が、1人のおばさまを見て、
唐突にこう言いました。

「あの人、中村さんだね。」

私はびっくりして、
「なに?知ってる人なの?こんな外国で知り合いに会うなんて凄いね!」
と言うと、友人は涼しい顔で、「知り合いじゃないよ」と言い、

「だって書いてあるもん。」


おばさまの脇に置かれた紙袋には、
やはりボールペンの、よろよろっ、とした字で
「なかむら」
と書いてありました。



よくよく団体の方をみると、
「さとう」「たなか」「すずき」・・・
いろんな名前が書いてあったのであります。



こんな、外国の地で・・・



個人情報の大量流出!





さあ、この出来事を、「おかしい」と思うか「普通」と思うか・・・?




先日、保育園で「防犯教室」があったですけどね。
子供の持ち物に名前を書くのを最近悩んだりするです。
本当なら、どんな環境の人とも、わけ隔てなく付き合えて、
いろんな人に名前を覚えてもらうのが
幸せであるべきなのじゃないかな、と思うですけどね?


狭い世界で、守られて育てられた子供たちの行く末。
なんだか難しい世の中だな。
スポンサーサイト

2008/12/11 12:16 | ☆漫画☆
comment(0)trackback(0)

comment













管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。