スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

やっぱ痛いのはイヤだけど。

ro-sonn.jpg

ローソンの「苺と豆乳のアイスケーキ」。



感想。
ちっちぇえ・・・。
でも味は濃厚で美味しかったです♪



ハヤトは2層になっている苺の部分だけはがして食べてました。
それ、アイスケーキにする意味がないから!!



久しぶりに訪れたeriさんのブログ「YOU CAN RUN!!!」
ここに書かれていた「たまには痛さもいいよね」という、
宇多田ヒカルの「Wait and See~リスク~」をモチーフにした記事。
その内容の奥深さに感動して、泣いてしまった。



ああ、私にもeriさんほどの文才があれば・・・!!



ま、そんなことは言っても仕方がないとして、



♪だって”つまづきながら”って口で言うほど
 楽じゃないはずでしょう?




って、しょっぱな、ヒッキーに言われて、
悲しみを通り越して、苦笑いしてしまった。




はい、私、『アレルギー』ナメてました!(笑)




成人型アトピーの夫と出会ったとき、
私は自分が子供の頃「アレルギーっ子」だったし、
アレルギー科のお医者さまとも親交があったので、
行動や、考え方を変えるだけで、
そこから抜け出すのは困難なことじゃない、と、どこかで思っていたのでしょうね。



でも、そうではなかった。
残念ながらそれほど単純なものではなかったのです。
暗闇で、見えない敵と戦っているような。
登っても、登っても、山がなくなることがないような。



だから、頑張りすぎてはいけない。
頑張れば頑張るほど、体力を消耗するのは、自分ばかり。



さて、
記事が長くなりましたので、一度折ります。
「食物アレルギー」について最近思うことです。
興味がある方、お時間が許す方だけ、お読みください。
↓ 続く。



最近のハヤト。

去年から、病院での負荷試験なども含め、
徐々にいろんな食べ物を食べております。
11月で3歳になり、体力も、免疫力も、随分と向上していると思われ、
風邪をひいても、喘息のような発作は起こさなくなりました。
現段階のハヤトの場合、アレルゲン物質が体に浸入したときに
大いに影響を受けるのが皮膚でして、
それも即時に何か反応が現れるわけではないので、
特定物質を見つけるのはきわめて困難です。



小麦を食べても、卵を食べても、乳を食べても、
急激な体調悪化は、恐らくないと思われ、
医師の判断でいうところの、
「食べられる」
「食べてもいいよ」
という位置付けになるのだと思うのです。



外出先でジャンクフード。
訪問先で洋菓子。
どこでも、なんでも、好きなものが口に入る。



楽しいですよね。



でもね。
食べれば、正直、肌はボロボロです。
医師が「食べてもいいよ」と言っても、
アレルギー反応が全くでないチカの体とは明らかに違うのです。



「ヤッター!今日からもう何でも食べていいってさ!!」(≧▽≦)



と、手放しで喜べるか?、といったら、残念ながらそれは違います。
「食べることへの罪悪感」
これは、多分、この肌を目にする限り、
完全に払拭されることはないのだと思うのです。



薬を飲みながら、薬を塗りながら、
「痒い痒い」と泣きながら、
掻き壊した皮膚に包帯を巻きながら、
それでも食べますか。。。?



食べるんだろうなぁ。(笑)
そのくらい、食べるってことへの欲求ってスゴイのですよ。



もしも、「食べなかったら症状が少しでもマシになる」と思えば、
極力、食べない方を選びたいですよね。
私は日常の生活において、
無理に「アレルゲン物質」なんて取り入れたくないのです。
「除去食」なんて、大それたものじゃなくても、
明らかに体に合わないものはあまり食べたくないな、とシンプルに思うだけ。



それでも。
本当にただ、このまま、防戦一方に、
除去を続けてゆくのがいいとも思わないのです。
例えば、過激なダイエットをしようとすると、多くの人がリバウンドしたりします。
栄養のバランスを崩すと、精神に支障をきたす場合があります。
過食がとまらなくなったり、情緒不安定になったり、
集中力がなくなったりすることもあるのです。
アレルギーっ子も、いつまでも赤ちゃんじゃありません。
薄味の野菜の煮浸しばかりでは満足せず、
親や医師に隠れてスナック菓子やジャンクフードを食べてしまう、
そういうことはよくあるようです。
実際に、うちの夫は、それの繰り返しです。



現代の人間(特に日本人)の食生活のありかたを考えたときに、
「何が絶対に体にいい」なんて言えないと思うのです。
自分でいいと思うものを食べればいいし、
誰の、どんな、思想を、信じるかも自由。
それができるってことは、本当に恵まれているし幸せなのです。



難しいですね。
果たして、何が自分に必要で、摂らなければならない栄養なのか。
本当に、難しい。



とりあえず、今現在、我が家の「食物アレルギー」への対応は、
以前とあまり変わっていません。
外でも、保育園では除去食をそのままお願いしているし、
実家も、よく遊んでもらうお友達も、
みんな「アレルギー」ということをよく理解してくれていて、
「いいよ」と言っても、気を使った食べ物を用意してくれます。
今後、食べるようになるとも、食べない道を選ぶとも、
どちらとも言えないし、わからないです。




最後に。



私はここの場所で、自分の好き勝手なことを書いてゆくと思います。
それは我が家の事情にあわせたやり方であり、
全てのアレルギー症状のある方に当てはまらないこともあります。
たまたま目にした、アレルギーをお持ちの方が、
「ふざけてる」と不快に思ったり、
「馬鹿にしてる」と怒りを感じたりすることもあるかもしれません。



その時は、素直にごめんなさい。



9月にブログを閉めようと思ったのは、
こうして私がここで好き勝手に何かを書くことによって、
少なからず影響を受けてしまう人がいる、ということに対して
迷いがあったから。
レシピも完璧でないし、根本的な考え方も揺らいでいる。
もっともらしい文章を書いておきながら、
数日後には全く違う意見を書いてしまうかもしれない。
それを読む人の身になったら、なんだか申し訳ないような気がして。



それでも、ハヤトが、パパが、食物アレルギーであり、
そのことに対して、逃げたり隠れたりできないことは
紛れもない事実。
そうして日々、暮らしていることは、嘘じゃないので。



毎日、楽しいことも、辛いことも、いろいろなことがあります。
時々は、失敗したり、落ち込んだりもします。
どうしても譲れないこともあります。
優しい気持ちになれないときもあります。



それでも、元気ならOK☆
ちゃんと食べないと元気でませんから、
いろいろ、誤魔化し・・・、じゃなかった・・・(´ー`;)、工夫しながら、
自分たちに合った食生活を探してゆけたらと思っています♪

スポンサーサイト

comment

ブログで書いてて意見に揺れがでること、それで当然ですよ!
アレルギー、目に見えないし、その時々でも違うし、何がいいかなんて正確に判定なんてできるわきゃない。
うちも、いつも試行錯誤です。
でも、ちかはやさんや他の先輩方が、やっぱり頑張ってるんだ、てネットを通じて読めることで、こちらがたくさんエネルギーもらってます。アレっ子母、家事だけでもね、頑張ろうとすると際限ないですしね。。。疲れますよね。

うちの子も、今は全然駄目ですが、いずれ、ジャンク系多食したり、食生活乱れたり、絶対そういう日もくると思います。
けれど、小さい頃に母が食生活に気を使ったことが、いずれ、本人がちゃんとした食事とろうと思ったときに、正しい食生活の基礎認識の元にはなってくれるだろうと期待してます。いつかはね、母の恩に気づきやがれ(笑)!
No:1288 2008/12/26 18:57
にゃあ #PJU.RmOY URL [ edit ]

にゃあさんへ

コメントありがとうございます。

アレルギーは人それぞれ症状が違うので、こういうところに書くのもなかなか難しいですね。
専門のドクターでさえ、人によって言ってることが違うし、なかなかコレという判断をしてくれない。
アレっ子母は、そういう状況の中で、目の前にはその子がいて、時々、途方に暮れてしまいそうになったり。

♪どこか遠くへ逃げたら楽になるのかな~

と、ま、あり得ない歌も歌いたくなる(笑)。

母の食事のありがたみ。オトナになってからすごく感じますよね。ときどきはシャンクフード。今の日本で生活している限り、絶対に避けられないと思います。
でもある年齢までの基本的な食事の習慣がちゃんとしていれば、それは体に刻まれると思いますよ。

母の愛は偉大ですね♪
No:1289 2008/12/27 18:49
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

久しぶりに来てみたら・・・

更新スピードアップしていてビックリです。
私なんて理由もなく更新滞ってるんだけど、
やっぱり、影響与えちゃうのは怖い部分もある。
でも、数多くのアレっ子ブログがあって、
いろーんな人がいるってわかって、いいんじゃないかな。

考えや治療方針が変わる。それって自然なことだと思う。
ミミカがアレっ子とわかってもうすぐ5年。
1年目や2年目の私は、自分がこれと思った治療法が1番だと信じ、
他の人の意見なんて聞く耳持てなかった。
それどころか、違う方針のアレっ子ママを冷ややかな目で見ていた部分もあったかも・・・。
今では、当時とまったく違う考えだし。
だけど、当時の経験があり、今の考えがあるわけで。
今となっては、当時信じてなかった人の意見のが、
ミミカには合ってたのかもなーなんて思うことも。
だからね、今悪い影響を受けたと感じてる人がいたとしても、
長期的に見たら、わかんないよね。

と、自分のブログ更新しないで、人のコメント欄で長々と・・・(汗)
そうそう、うちもあーちゃん数値はでてるけど小麦OKにしてるけど、
最近さすがに肌状態悪く、今日から数日、主食は控えてみます。
手抜きに小麦は付き物だよね。最近1日2食は小麦でした(ーー;
3歩進んで2歩下がる~ ぼちぼち行きましょう!

あっ、ユニコーン再結成だってねー♪
No:1290 2008/12/29 02:18
sizuku #w12T7rz6 URL [ edit ]

一度閉鎖された理由、そうだったんですか。


優しいちかはやさんらしい理由ですね。


自分のブログのせいで、誰かを傷つけるかも、間違いが起こるかも、というある程度の覚悟って
必要なのかな…


けど、言葉を選びながらでも、書くという作業は、
私の中では、消化できない気持ちを浄化させたり、整理させたりすることでもあるから

ちかはやさんのように、いつも温かく包んでくれる方の所では
つい本音をツラツラとコメントしてしまいます。


ここにコメントしていく人よりも、読み逃げする人の方が多くなってしまうけど
ここに偶然辿りついた人の多くは、他のアレルギーサイトも読みまくってます。

そして他の方の迷い、悩みを知ることで、逆に励まされてもいます。


ちかはやさん、いろんな意味で私のお姉さん的存在です。


もっとゆっくりいろんなお話したいです。
No:1291 2008/12/29 21:18
とんとん #- URL [ edit ]

ローソンのケーキ。こういうのだったんですね!
全然、ノーチェックだったので、知らなかったのですが、
美味しそうですね!
アレルギーのこと。
年々、少しずつ、考え方とかも違ってきて、
自分でもまだ、迷う部分とかもあって、難しいです。
うちも長男は量に気をつけながら、卵、乳の解除中ですが、
アナフィラは出ないけど、皮膚には多少なりと出る時も・・
もしかしたら、まだ除去が必要かもしれない。
でも、食べたいという本人の欲求も少しずつ叶えてあげたい。
なんだかうまく言えないけど、みんなきっと、我が家流の食生活を見つけていくんだと思うんです。
頑張りすぎないように、頑張ろう。
それが来年の目標ということで!
No:1292 2008/12/30 00:20
ふわりふわ #- URLedit ]

sizukuさんへ

はい。ちゃっかり更新してます。
連絡しなくてごめんねー。

一進一退ですね。(笑)
うちも一時期「小麦全面解禁」にして、すごーく外食の幅が広がり嬉しくてしかたありませんでした!やはり小麦は手軽だし、バリエーション広いし、子供もよく食べる!母としては楽チンですよね~。
でもやっぱりダメなんだなぁ。。。(笑)
それも仕方ない、と、「アレルギー」との付き合いが長くなればなるほど、スムーズに受け入れられるようになるのかもね。

本当に何がその人にあっているのかはわからないですよね。
私も一時期、いろいろな病院を回ってみたりしたけれど、どこもコレという答えはくれなかったし、そのことに対してイライラしたり、悩んだりもしたけれど、過ぎてしまえば、そういう時期も必要だったかもしれないな、とも思えたり。

ああ、書きたいことが山ほどあって、書ききれないわっ!

また後ほどゆっくり。
ユニコーン、再結成なんだ!おお~!!
音楽の話もまた今度ゆっくりっ!!
No:1293 2008/12/30 10:46
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

とんとんさんへ

いえいえ。
ちっとも優しくなんてないんですよ。

言葉を並べると最もらしい感じですが、要するに、書く内容に迷いがでてきて、何を書いたらよいのかわからなくなってしまって書けなくなってしまっただけです。。。

専門家もいろんなことを言うし、わらにもすがる思いで、経験者の話も聞きたい。
でも、結局は自分で決めるしかない。これ、結構ツライ。
ママ友とかならともかく、夫や母に「これ食べさせていい?」「あれならいい?」みたいに何度も聞かれると、「私ばかりに聞かないで!」とキレそうになります。
もー、誰か、白黒はっきり決めてくれーーー!!みたいな。(笑)

とんとんさんには感謝してます。
こうしてまた書きたくなったのは、とんとんさんの影響がとても大きいのかもしれません。ありがと。

前にも言ったかもしれませんが、読み逃げは全然OKなのです。大きく反論があればむしろ書いてほしい,という感じで。
もちろんコメントは大歓迎です。
これからもいろいろお話させてくださいね。
No:1294 2008/12/30 17:29
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

ふわりふわさんへ

ローソンのアイスケーキ、すごく可愛らしくて。。。
一人で全部いけちゃいそうでした。(笑)
値段ちょっとお高めですが、通販で買って送料、とか考えるとその分引けるし、コンビニで気軽に受け取れるところはよかったです。
また次回もやってほしいなぁ。。。

子供だと余計に、体が変わるし、環境も変わるし、
もしかしたら、むしろ、「変わらなくちゃ」いけないのかもしれませんよね。
いろんな選択肢がある中で、一番本人にあったやりかたを探すというのは、本当に大変なことだと思いますが、やはり「頑張りすぎない」というの、結構大事かもしれません。
期待が大きければ大きいほど、落ち込みも激しい。
今、こうして、子供の笑顔が見られる、ということは、まあまあOKとするべきなのかもしれません。。。
上を見てもキリがないですしね。(笑)

ふわりふわさんの後を追いかけてゆく私です。
どうぞこれからもよろしくお願いします♪
No:1295 2008/12/30 17:36
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。