スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

キット、サクラ、サクヨ♪


ゴーオンジャーの記事を挙げたいと思い、週の頭から構想中でしたが、
アレルギー検査の結果がでましたので、先にコチラのご報告など。




3歳3ヶ月【結果】



総IgE・・・1062UE/mL





・・・・・。





脅威の1000越えっ!!!



母と先生、苦笑、でございまいました。



ちなみに前回は236UE/mLね。
一番最初に生後4ヶ月で測定したときは13.1UE/mLでしたから、
着々と、着々と、アレっ子街道を歩んでおります。




内訳はね、あまり変わってないですけどね、
基本的に総IgEが上がってるんで、下がるわけがないということらしいので。



ハウスダストは100越え。
振り切りました。
ここはもうしょうがない。


食物は、

小麦・・・15.9(クラス3)
卵白・・・9.78(クラス3)
卵黄・・・1.28(クラス2)
牛乳・・・1.28(クラス2)

イクラ、ゴマもクラス2。



そんな中で、一番驚いたのが
ピーナッツ・・・14.1(クラス3)


なんだ?この数字。
先生に「食べてないよね?」と疑われ。。。(笑)
(もちろん食べてないよっ!)





正直に言ってしまうと、
血液検査の数字はあまり気にしていなかったりします。
どんな数字が出ても、結局は白黒つくわけじゃないので。
それでも、時々は指標が欲しい、というか、
何か目に見えるものがないと、
やっぱりちょっとわからなくなる、というか。



で、今日、先生とお話してきたなかで出てきたのは、
「まあ、食べるしかないんで。」
という言葉。



私個人的には、日々の食生活の中で「食べなくてもいい」という選択をしてきました。
「食べられる」ことと「食べない」ことは少し違う、
無理に食べなくてもいいんじゃないか、という考えでやってきました。



でも、アレルギーだけじゃなく、どんなこともそうなのですが、
子供はいつまでも赤ちゃんではいてくれない。
できることならずーっと手元において、
アレルギーの出にくい環境に閉じ込め、
自分の作った食べ物だけを与え、
保湿剤を常に塗り捲る生活をして、
血液検査の数値が限りなく0に近いところにしてみたい。



でもそれは、違う?よね??(笑)




どのくらい出来るのか。
それを見たいと思っているのです。
アレルギーがない子たちと同じように生活して、
どこまで許していいのか、それを見たい。
食べても食べなくてもどっちでもいいし、
ダメならダメで仕方ないし、
積極的に食べられるようになりたい、という感じともちょっと違うんだけど、
でも、食べられるなら食べられた方がいい、そんな感じ。



言葉にすると、訳がわからない感じですが(笑)。
結局は「食べられるようになりたい」という方に近いんでしょうね。



来週、病院で牛乳の負荷試験をしてきます♪

先生に
「保育園の牛乳は何飲んでるか知ってる?」
と、聞かれました。
え?「お○しい牛乳」とか「農○3.5牛乳」とか「こん○んくん」とか、そういうことですか?
何か違うんだろうか?今日早速、保育園に牛乳の種類を聞いてみよう。。。(笑)


スポンサーサイト

comment

もうね ウチのチビ達3年生だから 本人達に判断を任せるときがあります。
4月には4年生。
何食べたら調子が悪くなるのか わかってきてる、でも食べたい欲求もそれなりにある。
友達は食べてるもん。
パパは食べてるもん。
僕達も食べてみたい。
食べてみたらヒューヒューなった。
お腹 壊した。
などなど、、、、

だから
食べたがったら
「覚悟はいいね?( ̄ω ̄*)ニヤ」と一言だけ添える(笑)

そんな感じになってきました。

さすがに レベル5の卵と生牛乳は食べませんがね(笑)

市販の食パンやスナック菓子なんかは食べてみてます。
(それでも なるべく反応の少ない系を選んでるけどね)

そんな中でも 調子のよくないときは「ママのお薬ぃ~。。。」と食養生のお手当てをほしがったり、解毒作用のあるものをほしがったりするから カシコイもんだ!と親バカしてまふ(・m|壁

そうやって 学んでいってくれて アタシの今までやってきたこと、大丈夫だった!て思えて嬉しい(Φω|壁
No:1308 2009/02/12 21:50
AmyBee #A1vz8dvw URL [ edit ]

Amyちゃんへ。

コメントありがとう。
ハヤト、Amyちゃんちに預けていい?(爆)
可愛いよぉー、3歳児。激しいけど。(笑)

3歳にして、「ハヤト、コレ食べられないの。」と言える子に育ちました。保育園の先生も食べられないことで困ったことはないそうです。アリガタヤ。随分と脅したりとかしてるしね。(笑)

病院に通うことが少し嫌になっていた時期があって。
一人で全部を抱え込んで、どうせ誰も助けてくれない、と人を拒否していて、周りを見ないようにしていた時期。

ここのところずっと、私自身は「弱くてダメ」なのだけれど、アレルギーのことに関しては、少しずつ周りを見られるようになってきた。病院に行くことも、先生と話すことも、少しだけ余裕を持てるようになったかも。
とりあえず。どのくらい食べられるかだけでも知っておかないとね。

あまり気負わずに。マイペースで。頑張ります☆
No:1309 2009/02/13 15:35
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

はじめまして

憧れのチカハヤさんへはじめてのコメント・・ブログを再会されてからいつご挨拶しようか悩み続け、ついに今日という日を迎えました。仰々しい挨拶ですね(笑)

うちの娘は現在1歳2ヶ月ですが、今日4度目の血液検査の結果をもらってきて、小麦、乳、卵白ともにほとんど変わらない数値でおお!と驚きました。
そして来週シチューで乳の負荷検査もすることになりました。
7ヵ月半でミルクで嘔吐、蕁麻疹以来の乳なので、どういう反応をするのか怖いような知りたいような複雑な気持ちです。お互いにいい結果がでるといいですね。

そして私も上手く表現できないのですが、ちかはやさんと同じようなことを考えていました。
なので少し嬉しいです。

これからも遊びにきますので宜しくお願いします。
No:1310 2009/02/13 22:36
とうこmama #- URLedit ]

とうこmamaさんへ

憧れなんて、とんでもないです!恐れ多いです。
いつも好き勝手なことばかり書いて、すみません。
読んでいただいて恐縮です。ありがとうございます。

他人の病状なんて実はあまり参考にならないし、しないほうがいいのかもしれないのですが、でも結局はみんなが手探りで、やはり同じアレっ子母の状況や意見を聞きたいのですよね。少しでも、何か、届くものがあれば、幸いです。

表現するのも難しいですよね。私も日々、考え方が変わってしまうし、前向きだったり、くじけてしまったり。
もともとネガティブなので、落ちてばかりですが。

またお気軽に遊びにきてください。お待ちしています☆
No:1311 2009/02/14 12:48
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

何度も来たけど

コメントうまく書けずにいました。
言いたいことに合う言葉を連ねるのって難しい。

〈 いつまでも手元に置いておきたい…けどずっと赤ちゃんじゃないし

私も長女が1~2才までは、本気でそう思ってました。
私さえ完璧にやれば、結果は付いてくる、と信じてました。

でも親の理想と、子供の成長過程における周囲との関わりを、天秤にかけたら、可及的に後者が重んじられるのだと、思い知らされました。


それと血液検査。
なんかね、検査そのものに信憑性を感じなくなりました。

長女の場合は、初回検査で卵乳判明し、その後は実際に食べてゴマ等判明。半年毎に検査してるけど、私自身はもうあまり参考にしてない。
保育園の除去指示書に必要なら続けるけど、正直、もう受けさせたくないのです。

特に次女は、初回で全てシロ。でも母乳経由でもクロなのだ、いろいろ。1才過ぎれば、検査上もクロに出るかもしれないが、当てにしたくない。
もうーやっぱ食べてみないと分からないから、2才頃までは怪しい物は出来るだけ食べるのを遅らせようとしてます。

こういうのを不必要な除去というのだろうか、世間では。

あー文字制限で語り尽くせませーん。
No:1312 2009/02/14 23:53
とんとん #- URL [ edit ]

はじめまして

最近、アレルギーについて深く考えていなかったので、ちかはやさんの文書を読んで久々に考えてしまいました。

私の子どももアレルギーです。小麦は52.5クラス4、卵白32.0クラス4、やまいも18.4クラス4、イクラ2.6クラス2
おいおいって思いましたね。毎年数字が上がっていくし。医者には「どんなアレルギーがあるか調べてもキリがないないですね。」って言われるし。
でも、数字なんて目安だと思うんです。うちの子の場合、バナナがクラス2ですが、1本くらいなら美味しく食べています。ところが同じクラス2のピーナツは爪の先くらいでも病院行きです。医者も言っていますがIGEの検査だけでは当てにならないようです。親の勘というか、今までの経験を活かしたほうが良いみたいです。(と思います。)

私の町は田舎なので、息子ほどのアレッ子っていないんです。保育園に入るにも町からの指導が入ったりしました。理解なんて程遠く「死ぬわけじゃない」「どうせたいしたことないくせに」なんて当たり前に言われてきました。悔しくて泣いたことも多々ありました。でも、私達の子供は、絶対「親」を選んで生まれてきているはずなのです。少なくとも私はそう信じています。他で生まれていれば、アレッ子でこんなに大きく成長しているはずがない!って思っているから。

息子は生まれながらのアレッ子でよかったと思っています。4歳ですが、世の中にはいろんな食べ物があり、自分には食べられないものがある。でも工夫次第で食べられるものもある。ということを理解できるようになりました。かにやえび、小麦粉のケーキが目の前にあっても「これは駄目。ママの作ったお米のケーキは大丈夫」と言うようになりました。

息子は保育園では弁当ですが、本人はラッキーと思っているところもあるんですよ。
魚とか嫌いな食べ物をハンバーグにしたり出来るので。
(全てが代替(そっくり)にするのではなく、たまにオリジナルでいくのが私流です)

親が気がつかなくても、本人が辛いときもあると思います。
でも、それは食べ物に限らず私達もいろんなことで経験してきたはず。(おもちゃを買ってもらえなかったとか・・・。)
私達の子どもだもの。きっと乗り越えてみせるはず!
彼らのために明るくサポートしていきましょう!
(生意気にすいません)
No:1313 2009/02/15 22:41
松ぼっくり #- URL [ edit ]

とんとんさんへ。

どういう方向性でいくのか。それを決めるのも難しい。


ある程度の年齢までは母親である自分の責任。
一生懸命やれば結果は付いてくる、そう信じてやればやるほど、
目に見えて「良くなった」と思えないと、足りないような気がする。
もっと完璧にやらなくちゃ、もっともっと、と自分を追い込んで、
少しでも症状が悪化すると、自分を責めるしかない。
何が悪かったんだろう、あの時食べたあのゴマのカケラ?
それとも隣の人がパンを食べていたから?
それとも、使った食器が悪かった?それとも、それとも・・・?
周りの人は「少し神経質なんじゃないか」とか言う。
直接言われなくても、言われているような気がする。


キッチリでも、テキトウでも、その家庭の育て方なんだよね、きっと。
もちろん「やらなくちゃいけないこと」はあるのだけれど、
よその家庭と比べてバランスをとる必要なんてないのだよね。
一人きりで抱え込んで、ときどき疲れちゃったりもするんだけど、
でも可愛い子供のためを思えば、のこと。
きっと頑張れます!子供は育つ。それが何よりありがたい。


私も日々、フラフラと、変わってしまうのですが、(ごめん・・・(笑))
自分も子供も無理のないように、頑張れる範囲で、行こうと思います。
でも、こうして日々悩むことが、どれだけ子供に注ぐ愛情が深いか、ということかも?
なあんて、時々はあきれるほど自分を褒めてみたりして?(^^;)
No:1314 2009/02/16 11:57
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]

松ぼっくりさんへ。

はじめまして。
私なんかの拙い未熟な文章を読んでいただいてありがとうございます。
まだ未経験なことも、偏ってる部分も、思い違いや思い込みや、
間違っていることも沢山あると思っています。
暖かいコメント頂き、恐縮です☆


松ぼっくりさんはポジティブで素敵な方なのですね!
すごくお子様のことがよく見えているし、子育てを楽しんでいる。
見習いたいです。


確かにね。
アレルギーというものを持っていることはちょっと「面倒」なことかもしれない。
でも、だからこそ、人一倍感じるものや見えるものもあるだろうし、
例えば、いつもお母さんの手作りのご飯が食べられる、とか、
恵まれている部分もあるかもしれない!
肥満や、子供の成人病にならずにすむかもしれないし、
世の中に溢れる「甘い甘い誘惑」から逃れる、強靭な精神が身につくかも!


そう。いくら何でも食べられるから、って、
いつもいつも油でベタベタのお菓子ばかり食べていることは栄養が偏るし、
でも子供たちの「欲求」って際限がないし、
アレルギーの有無に係らず、いまのお母さんたちはそういう判別がとても大変だと思う。


それでもなかなか「アレっ子でよかった」とは言えないのですから、
松ぼっくりさんは素晴しいです。
息子くんが、素直に元気に育っているのは、やはり素敵なお母様の賜物。
そして、もしかしたら、そんな息子くんがいるからこそ、お母さんも日々素敵になっているのかも?
なんてね(笑)。


よろしかったら、またお話させてくださいね♪
No:1315 2009/02/16 11:59
ちかはや #9hNeQ44I URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。