スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

ここにしか咲かない花

生きてると、いろいろある。


平穏無事がよいか、
波乱万丈がよいか、


まあその辺は、適度に大波小波があった方が、
たぶん、人生は面白いんだと思う。



久しぶりにあった女友達。
彼女は、私の想像以上に、頑張っていた。


いつも、穏やかで、にこやかで、
口では、「もうイヤになっちゃうよー!」と言いながらも、
誰にでも、笑顔を絶やすことなく接してくれる。
でも、本当は、きっと、ひとりの時は、
沢山悩んで、沢山泣いて、高い壁を乗り越えようと頑張っている。


頭が下がる!


人並みに、なんていうけれど、
やはり人は比べるものじゃないと思う。
ひとりひとり違っていいのだと思う。
そこに、命がある、ということには、
それぞれ、意味があり、理由があるのだと思う。


小学校の時に理科の授業で習ったこと。
「種から芽が出るのには、一定の条件がいるんだよ。」


人間も同じだと思う。
育たない環境では、命は生まれないのだと思う。
そこに命があり、育っている、ということは、
生きている意味がある、ということなんだと思う。
人間は生きるために、いろんな発明をしてきて、
それが今の医学の進歩なのだから、
それを受け止めるのが自然な形でいいのだと思う。


それでも、人間は強い。
一生懸命、生きようと、貪欲に、道を求める姿は、
正しいと思う。



ありがとう。
私も、貪欲に、頑張ります!

スポンサーサイト

2010/01/28 15:57 | ひとりごと。
comment(0)trackback(0)

comment













管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。