スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

喘息か・・・?

木曜日の夜、ハヤトはいつにも増して、夜泣きが酷かったのです。
しかも、『ゼーゼー』『ヒューヒュー』していて、とても苦しそう。
そして金曜日の朝になっても機嫌が悪く、とても保育園に行けそうな雰囲気ではありません。


いつも、普通の風邪のときは、アレルギーでお世話になっている『総合病院』には行かずに、近所の『小児科専門の診療所』に行っています。
アレルギー科は「完全予約制」なので、大して待たずに診てもらえますが、通常の外来にいくと、それはそれは大変なことになるからです。
病状も余計に悪化しそうな雰囲気、わかりますよね?


でも、今回に限ってはちょっと心配だったので、『総合病院』まで出掛けることにしました。


実はハヤト、7ヶ月の頃に一度『小児喘息疑い』と診断され、予防薬の「オノン」を飲んでいました。
それは1ヶ月半くらいの間だけだったのですが、幸いにも、それから今までの間、大きな風邪を引くことがなく、「少し苦しそうかな?」ということはあったものの、それほど心配するような場面に遭遇しませんでした。


なので、今回はもしかしたら本当に『小児喘息』と診断されてしまうのかも・・・、と心配しつつ、超混みの『総合病院』へ。。。



診断結果は、


『RSウィルス感染症』ではないか?

とのこと。


詳しく説明すると長くなるので、お時間がある方はこちらをどうぞ。

http://rs-w.gm-bn.com/


簡単に説明すると、

ウィルスによる呼吸器の感染症で、2歳以下の子供は大半がかかる。
重症化すると、細気管支炎や肺炎になる。
まれに死に至る。


とのこと。


そして、

『喘息』にもよく間違えられる。

だそうです。


でもまだわからないんですけど。
今、とてもこの病気がはやっているそうで、ここの病院でも『RSの患者で満床』とおっしゃっていました。

とりあえず、火曜日にまた様子を見せにいくことになりました。


当のハヤトは、というと、
病院で『吸入』したらだいぶ楽になったようで、お昼ご飯は食べることができ、薬も飲めました。
そして、おんぶでですが、寝ることもできました。
それでずいぶんと回復したようで、夜には笑顔も見られるようになりました。
よかった。。。

で、金曜日の夜は寝てくれるのかなー、と思っていたら、
やっぱりいつも通りでした。とほほほ。。。。。


ところで。


今週は『チカの水疱瘡』と、『ハヤトのRS』と、病気続きで、一週間のうち一日しか会社に出勤できませんでした。
周りの人に「申し訳ないな」と思いつつも、こういうときはどうすることもできません。
金曜日は会社に行くつもりだったのですが、急遽、行けなくなったので、その理由を電話で伝えようとすると、

『もういいよ(来なくて)・・・』

と、上司に言われてしまいました。
(↑あ、クビっていう意味ではないですよ。)


なんだかちょっとショックでした。
多分、上司は、

キミが子育てで大変なのはわかっているから、そんなに無理しなくても大丈夫ですよ。

という優しい気持ちで言ってくれたのだとは思うのですが、
やっぱりこういう言い方をされてしまうと、なんだか「必要ない」って言われているようで、悲しいのです。


お給料もらえてるだけでも十分幸せ、ありがたい、と思わなくてはいけないし、子供たちにとっては「とっても必要」とされているママなのだから、誰からも「必要とされたい」なんて、とってもわがままで贅沢なんですけどね。

スポンサーサイト

comment

ウチ、喘息もちでしょ?

だから、『あぁ、ハヤトくんもなのねぇ・・・』って読み進めたら・・・

?ウィルス?しかも喘息と間違って診断される?

・・・(・▽・;)あせりました。
もしや ウチも?って。

サイト確認して、『あぁ、ウチは喘息だ(苦笑)』って思ったんですけどね(苦笑)
どっちにしても、子供が苦しいのには変わりない(ノ_;)
本当に変わってあげたいくらい(ノ_;)

「オノンドライシロップ」なつかしいですぅ(・m・ )
本当に予防的にこの手の薬を飲んでると 本人、楽みたいです♪
今は 「ザジテン」や「インタール」っていう薬なんですけど、ウチは小学生ってこともあって『飲み薬』から『吸入器(スプレーみたいなもの)』に移行しました。
時々 季節の変わり目でつらいときは 飲み薬も処方されます。
3歳までは 発作もよく起こして・・・夜間救急にかかることもしばしば。
そのうち家庭でもできるように 吸入器(霧みたいにでるヤツね)を借りて・・・
一時期は毎晩家で吸入してました。
徐々に体が強くなって・・・毎晩吸わなくてもよくなって・・・
今は毎朝「フルタイド」っていうディスク型の薬を吸い込むだけになりました。

もう一人でも吸い込めるんだよ♪
運動会の時は走る30分前に「インタール吸入」を吸い込むなどの予防処置をしたり・・・

心配性のAmyだけど、パパが喘息だから かなり心強いです。(お義母さんもわかってくれるし)

ハヤトくんの「ヒューヒュー」がまだ どちらかは わからないんだよね?
私で何か役立つことがあったら・・・
食物アレだけじゃなく これからは 気圧や外気(ほこり、花粉)、家のカビ、ダニに注意が必要になってくるかもしれない。
私は 少し先に経験してるから・・・(・_|壁

えらそうなことなんて いえないけど・・・わからないことだらけだけど
(・m|壁
No:211 2006/12/17 00:29
AmyBee #A1vz8dvw URLedit ]

厳しいよね・・・

厳しいよね・・・、仕事。
朝、「休ませてください」って電話する時ってやだよね~。
あんたの方が休め~~!って、夫相手によく暴れてたな、私。
でも、夫休ませても、食事だけは用意して
出かけなきゃいけないから結局手間かかるんだよね・・・(= =;
ハヤトくん、今日は寝てるかな?
ママをできるだけゆっくり休ませてあげてね。
なにもできないけど、遠くから子守唄を送ります。
「そっおだ~!アンパンマ~ン、や~さしいき~み~は~!」
←こんな歌しか思いつかない(^ ^;
No:213 2006/12/17 02:50
eri #- URLedit ]

Amyちゃん、頼りにしてます♪

一時期「ザジテン」も飲んでたよ。
かゆみが酷いときは「セレスタミンシロップ」も処方されたこともあったし。

うちは私も子供のころは「アトピー性皮膚炎」で、今はパパも「アトピー性皮膚炎」で、「アトピー」といえば、「かゆいもの」という思い込みがあって、「喘息」になるなんて、つい最近まで知りませんでした!(←無知でごめん!!)

私の周りには「喘息」の人があまりいなくて、全然知識がなくて、ハヤトが夜中に「ゼロゼロ」してるとちょっと不安になっちゃったり。。。
最近はずいぶんと「子供らしく」なってきたので、赤ちゃんのときのような
「死んじゃうかも。。。」
という不安はあんまりないけど。

まだまだこの病気とは長いお付き合いになりそうです。
Amyちゃん、これからもいろいろ教えてね。
頼りにしてるよん
し^-^)よろしく
No:215 2006/12/17 21:44
ちかはや #- URL [ edit ]

eriさん、ありがとうございます。

やさしいコメント、ありがとうございます。
涙が出そうです。。。

夫は「協力的」な方だとは思うのですが、
(今もハヤトを見ててくれてます)
やっぱりママじゃないとできないことも多いので、
どうしてもママが休む方が多くなりますよね。
社会はまだまだ

「女性は休んでも仕方がないけど、男性はちょっと。。。」

というところがあります。
(公に口に出しては言わないけれど、そういう空気があると思います)
私はどんな仕事でも、「適当にこなして許される」ことはないと思っています。
働いて、お給料をもらっているからには、
その人が、子持ちであろうと、独身であろうと、男性でも、女性でも、
関係なく、与えられた仕事は全うしなければならない、と思っています。
でも、子供は計画的に病気をするわけではないので、
やっぱり子育てをしながら、働くのは大変です。

子守唄、私も歌うんですけど、レパートリーが少なくて。
歌う歌がなくなって、最後の方は歌謡曲になったりします。
(しかもちょっと古め。。。)
No:216 2006/12/17 21:56
ちかはや #- URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

top 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。