スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告

にこにこ日曜日

Image086.jpg


日曜日のあさは。
「にこにこ」で。


美しいパンケーキの表面☆
見る人が見ればすぐにわかる。
小麦粉さんのちから。



そう。
ハヤト、小麦粉たべられるようになりました♪












嘘です。










いや、あながち嘘でもないです。










どっちだよっ!










フレキッシブルに、摂取中でございます。
とりあえず「除去メイン」ということで。



クリスマスケーキは、
いつもの「シャトレーゼさん」の「卵・乳・小麦除去バージョン」と、
「ローソンさん」の「豆乳でできたアイスケーキ」
を予約してみました。
シャトレーゼはおうちで「キャラデコ」にする予定☆
ローソンは初めてなので、とっても楽しみです!

消毒とアトピー性皮膚炎

まず。


前回の「うつ」についての補足。


決して、記事中に挙げた必須アミノ酸「トリプトファン」を多く含む食物の摂取が足りないからといって、「うつ」になるわけではありません。
また、それを沢山食べたからといって、「うつ」が治るわけではありません。

その辺りはどうぞお間違えのないように。

そして、「トリプトファン」を効率よく摂取するためには野菜等に含まれるビタミン類も必要です。
つまりはバランスよく、いろんなものを食べてください。

本の中にもありましたが、「うつ」によって引き起こす症状として怖いものに「依存症」というものがあります。
「過食」「アルコール」「買い物」「パチンコ」・・・。
人によってその対象は様々ですが、いずれにしても、一時的にはストレスが解消されたようにみえても、根本的な解決にはならないことが多いです。
中でも食事は毎日のことですから、過度に偏ったものばかりを摂取することのないようにお気をつけください。
頻繁にあるからこそ、修正も簡単です。
今日「やっちゃった」と思っても、次の日につじつまを合わせればOKですよね。



「うつ」の話はこのくらいにします。




今日は「塩素」の話をさせてください。



実は、ハヤトは8月中、肌の状態が非常に悪くボロボロでした。
その前に「手足口病」にかかったり、「水ぼうそう」にかかったり、というせいもあったのですが、例年になく夏に調子が悪かったのです。
何となく、保育園のプールを疑っていました。
そんなある日、公営のプールに出かけて夜に帰宅したのですが、疲れて、ご飯も食べず、お風呂も入らずにそのまま寝てしまったことがありました。すると、その日の夜中、久々に「痒みによるパニック」になりました。ギャンギャンと泣き叫び、全身掻きむしってまっ赤になっていました。
明らかにプールによる塩素の影響です。



アトピー性皮膚炎に塩素がよろしくない、と言う話は時々耳にします。
気になる人は、ご自宅の水道水にも塩素除去をする装置を付けたりしているようです。
一般的な水道水の残留塩素の値は「1ppm(0.1mg/リットル)以上」という基準が定められています。
以上、とうたっているからには、2でも3でもいいわけなのですが、最近の水道施設は昔に比べてシステムが向上していますし、トリハロメタンの問題などもありますし、コスト管理もしっかりしていて、なによりユーザー(市民)から「カルキ臭い」とか「マズイ」とか苦情の声も届くので、「とりあえず安全のために沢山入れとけ!」という考え方はあまりないと思います。


※これは、あくまでも私が「そう思う」というだけです。その市区町村によって、その考え方や使い方は様々なので、一概にそうとはいいませんが。



そんな水道に比べて、公営のプール施設の残留塩素濃度は「4ppm以上」という基準があります。
プールは温度も低く、大勢の人が使用するため、様々な雑菌が繁殖しやすい場所です。
コチラの方こそ「沢山入れとけ」となりかねません。
飲料するわけではないので、臭いもそれほど気になりません。
水道水は、浄水場で塩素注入をしてから、長い水道管を通って自宅までくるその過程でずいぶんと揮発してしまいますが、プールに至ってはダイレクトでありますから、余計に塩素濃度が濃い可能性は高いと言えます。



そんなに「塩素」が悪いのか?という話になりますが、水に溶けた塩素自体は実はそれほど悪いわけではなく、汗や皮脂の成分と結合した「塩素化合物」が肌によくないそうです。
だからプールはテキメンなのです。
プールは塩素化合物の宝庫であります。
肌によくない症状として最も大きいのは「非常に乾燥する」ということらしいので、肌によくないプールの水をしっかりと洗い流した後は、お風呂上り以上に十分な保湿が効果的だと思います。
これはアトピーの有無に拘らず、肌が弱いと感じる方は気を付けた方がいい事だと思います。



だからといって、プールを避けて通るか?と言われたら、それもまたどうかと思います。
子供はみんなお水が大好き。プールは全身の運動にもとてもよいし、何より水に触れるというのは精神的に気持ちのいいもの。ぜひ沢山経験させてあげたい。
プールに入ったら、そのケアを万全にして、楽しいものにしてあげればいい。
小学校にあがったらどうなのだろうか、と考えたりもするけれど。。。
保育園のようにケアをしてくれる先生はいないであろう。自分で薬を塗ったり、保湿したり、出来るのであろうか。。。(しかも男の子。。。)





『現代人にアレルギーが多いのは、世の中に雑菌が少なくなったから。』

これは一般的に言われていることで、アレルギーがある人にとっては何とも歯がゆい事実ですが、雑菌が減ったことにより、子供の生存率が高くなったり、病気になりにくくなった、というのはありがたいことです。
時々テレビなどで、日本ではないところの水の不足している地域で、雑菌に犯された危険な水を口にしなければならない子供たちを見たりします。日本はすぐそこに水道の蛇口があり、それをひねれば簡単に安全な水を飲むことができる。とても恵まれた環境にあると思います。
ありがたいですね。



そんな日本の水道水も、一昔前までは「塩素消毒」ばかりでありましたが、十数年前から前述にもあります「トリハロメタン」という問題が発生し、必ずしも塩素消毒ばかりがいいもの、という考え方が変わってきています。

※「トリハロメタン」=発がん性があるといわれている物質。水に含まれる特定の有機物と塩素が結合することによりできます。

また、一部の地域では塩素では死滅しない菌も見つかってしまいました。が、今はそれも除去する技術が日本にはあります。様々な方法で、より安全性の高い水道水が、私たちのもとに届けられています。



少し、硬い話になりましたが。
なぜ、今日、私がこんな突っ込んだ話をしたかったのか、というと、連日報道されている「事故米」のことがあったから。
怖いなぁ、と誰しもが思っているはず。
今の日本の流通制度は、いろんな人の手を渡り、形を変えてしまえば、本当の姿がわからなくなってしまうのです。「毒」とわかっているものも、知らず知らずに口にしてしまうことが否めないのです。



そもそも、「事故米」などというものが存在していること事態がオカシイと思いませんか?
もちろん昔から「キケンな食べ物」はありました。
古くなり雑菌が繁殖した食べ物を食べて命を落とすこともなかったとは言いません。
それでも現代のように、「精神に異常をきたすような」「悪性の腫瘍を作り出すような」そんなものが普通に食べ物に付着していて、それが大きな市場で流通していることがなんともオカシイ。



人間は「消毒」にやっきになる。
しかし、この自然界で生きていく限りは「菌」の存在を否定することなどできません。
「悪い菌」を排除しようとしても、菌も本能で生き残るためにさらに強いものを自らで作ってゆく。
人間はまた更に強い「消毒薬」を作ってゆく。

「いたちごっこ」です。



強い消毒液を通した水に過敏に反応する息子を見て、「魚」みたいだなぁ、と思います。
水槽で魚を飼育されている方は、水槽に水を入れるときに、水道水を直には入れないのが常識です。
1日くらい日中に置いておいたり、酸素をいれて撹拌したり、その魚にあった環境の水にするための薬を入れたりします。
でも本来ならば、その魚が生きていける自然環境には、そのような手順はいらないわけですよね。



果たして、人間はどこまで自然と共存できるのか。
どこまで不自然を押し続けてゆけるものなのか。
こういう局面に立つととっても考えさせられます。
様々なもので溢れた現代社会。
科学の発達で良いものも悪いものもできてしまった現代社会。
これからは少しそぎ落とすことも必要なのかもしれません。

あかぐみさんになります。

保育園、今週は春休み。
しかし、会社には春休みはない。
というわけで、特別保育をお願いしております。


仕事してるから預けてるのに、休みってどういうことよ?
いつも通り預けられて当然。
これが社会人の常識。


3月に卒園して、4月の1週は春休み。
準備も忙しいし、小学校も休みなのだから休んで当然。
これが保育園の常識。


どんな場合においても、お互いに自分の常識を押し付けても仕方ない。
そういうこともあるのだ、とお互いに譲歩しあって、思いやっていかなければならないもの。






ハヤト。
2歳5ヶ月。
「大豆」と「ゴマ」が完全解除になりました。


よかったねー♪


3月のアタマに、総合病院に行き、1年ぶりとなる血液検査を行ってきました。
総IgEは上がっていたものの、食物はみな少しずつ下がりまして、大豆に関しては限りなく「クラス0」に近い「クラス1」でした。
以前のように呼吸器系のトラブルが全くみられなくなったハヤト。
喘息の発作ももうずっと見られません。
そんなわけで少し前から「どのくらい食べられるのか?」トライしています。


先月、食パンを2欠。ホットケーキを1/4(4口くらい)。


昨日は、小麦グルテン入りの米粉食パンを1/6枚食べました。




ら。






ら。。。?







呼吸器系の発作もなく、特別痒そうでもなかったのですが、夕方くらいにシャツをめくってみると全身に赤い発疹が。。。
もしかして?
と不安を抱えつつ、夜、お風呂に入ると。
痒みのあまりに泣き出し、お風呂中止。


でも、ステロイド塗って、夜、ちゃんとお布団で一人で寝たしね。



果たしてこれを「大丈夫」というのか、「キケン」というのか?




うーむ。







結局はその時の体調もあるし、絶対にコレ、とは言えない。
思えば「食べなくていい」という答えを探してドクターショッピングをした1年前。
誰も私の望む答えはくれませんでした。
ということは。
私が間違っているのかもしれません。




自分がハヤトに母乳をあげていたとき、
あれほど大好きな小麦、卵、乳を除去できたのは、
自分のためではなかったからだと思うのです。




そう。むしろ自分には甘い。
自業自得なら、多少のカケヒキはアリなのです。




近いうちにハヤトは言うことでしょう。
「痒くなっても食べたい」
と。
いつまでも与えられたものだけを口にする赤ちゃんではないのだから。





とりあえず。
元気ならいいんです。それで。

今日の届き物

hina

もうすぐひなまつりですね。




今日、お昼ご飯の時、会社の同僚に聞かれました。




「アトピーって治るの?」





「・・・」






彼女の家には中学三年生の「アトピー息子」がいます。
除去食などはないものの、幼少の頃から今に至るまで皮膚科通いは欠かせず、保湿剤は必須。それでも体のあちこちには「掻き傷」が耐えないそう。
中学生ともなると親が保湿剤を塗るのも一苦労。
そして、本人もだんだん人目も気になるお年頃。
出来れば、皮膚トラブルが何もない人のようになれればいいなぁ、と思うのだと思う。

ある日、彼は母に聞いた。

「アトピーって治るのかなぁ・・・?」

「・・・」

母は考えた。果たして治るものなのか、この先もずーっと変わらないものなのか・・・?

とりあえず、
「じゃあ、今度お医者さんに聞いてみるよ」
と答えたそうな。





どうなんでしょう。



私個人的には「アトピー」というのは「体質」だと思っていて、
例えば同じ食事、同じ運動、同じ睡眠、同じ仕事、同じ場所に住んでいる人でも、
太っていたり、やせていたり、
持病があったり、生活習慣病があったり、
風邪を引きやすかったり、ストレスに弱かったり、
いろいろな人がいるわけで、
そういうものではないかと思っています。


あくまでも「個人的」な意見ですけどね。


「治る」という表現が正しいかどうかは別として、
より快適な生活を自分で選んだりすることはできるのではないか、と思っていたりするわけです。
それも千差万別。十人十色。オンリーワン(?)。
自分に合ってるものが見つかるといいですよね♪





そんなチカハヤ家にこんなものが届きました。


viotin

「ビオチン」
ビオチンとは?(wikipedia)

効果のほどは不明ですが、明日から人体実験(パパ)です(笑)。
いい感じなら続けようかと思いますが。。。






それから。
今日はもう一つ届き物。

kutu


ハヤトの大好きな「ガーガー(建設機械)の靴(トミカ)」


ハヤト、最近、靴がみんな小さくなってきてしまいました。
チカはずいぶんと長い間13cmを履いていたというのに。。。
そんな成長もまた嬉しいもの。

風邪ひいてませんか?

mizu


チカ作。
「ハート水ようかん」
いろいろ料理が出来るようになってきたチカ。
母に代わってキッチンに立つ日も遠くないか。。。?





さて、みなさんは風邪、ひいてませんか?


私の職場に何ヶ月も「風邪が治らない」という人がいます。
煩わしいでしょうね。
大変だと思います。


それにしても。

「風邪」

なんとも、曖昧で、身近な病気であります。



私が日頃お世話になっている「A内科小児科医院」。
職場からほど近く、産業医ということもあって、うちの社員がよく利用していますが、
「風邪」と思い込んで受診すると、


住んでる場所を聞かれたり、
最近食べている食事内容を聞かれたり、
家で使っている日用品のことを聞かれたり、



するものですから、多くの人が「苦笑い」で帰ってきます。


つまりは、

「あそこの病院に行くと、何が何でもアレルギーにされちゃうよ」

ということであります。。



なぜかみなさん、「風邪」という病気に対して「親近感」「安堵感」があるようです。
それほどいいもんじゃないと思いますけどね?



ところでうちのハヤトですが。
なんとここ半年くらい、大きな「風邪」をひいてません。
ビックリです。

思えばチカは保育園に預け始めた1歳~3歳頃まで、とても頻繁に風邪を引き、
仕事を休まなければいけないことも多く、何度も電話で呼び出しをされました。
それに比べると、ハヤトは全然そういうことがありません。


最近、気付いたのですが、これは「抗アレルギー薬」の影響もあるのではないかと思うのです。
ハヤトはもう数ヶ月、薬を飲み続けています。
この薬にはいわゆる「風邪の諸症状」を軽減させる役割があります。
「絶対」とは言えませんが、この効果が出ているような気がします。



だから「A内科小児科」のドクターの言うこともあながち「間違い」でもない?

「風邪」と診断されること。
「アレルギー」と診断されること。

どちらも体の免疫力が大切です。


体が「SOS」を出していることには違いないですから、
みなさんも健やかにお過ごしください。


いろいろなモノに負けない「強い体」をめざしましょうね☆彡

next  top  prev
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。